文字サイズ

福永 笑顔の復帰「居場所はここ」

 昨年10月31日のスワンSで落馬し、右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折、右肩じん帯断裂などで戦列を離れていた福永祐一騎手(39)=栗東・フリー=が、13日の京都競馬で約3カ月半ぶりに復帰。「最初のレース(3R)のパドックから“お帰り”って声援があって、うれしかったですね。やっぱり、自分の居場所はここなのかな」と笑顔をのぞかせた。

 この日は7鞍に騎乗して未勝利に終わったが、久々に実戦の空気を味わって満足そう。「初めは鞍はまりが悪くて座り心地が良くない感じがしたけど、途中からそういうのはなくなったし、右ムチも、手綱を引っ張る動作も問題はなかった。これから結果に反映させていきたい」。日曜は京都11R・京都記念のタッチングスピーチなど5鞍に騎乗予定。復帰後の初勝利を飾るか注目だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス