文字サイズ

【競馬】御神本、免許試験で不合格

 地方競馬全国協会(NAR)は17日、御神本訓史騎手(33)=大井・三坂盛=が免許試験委員会で不合格となったことを発表した。今年から南関東の免許日が変更となり4月1日付けとなったが、昨年までは6月1日付けであり、御神本騎手が昨年合格した免許の有効期限が5月31日までなので、それまでは騎乗できることになっている。

 不合格に至った詳細について、地方競馬全国協会は「個人情報の観点から公表できない。筆記試験、面接試験等を行い、本人のこれまでの業務状況の内容を勘案し、最終的に免許委員会で審議された結果、不合格となった。本人に対しては免許試験の結果について審議内容も含め回答している」とコメントするにとどまった。

 御神本騎手は1999年4月10日に益田競馬でデビュー。2002年に大井競馬に移籍。JRAでも勝利を挙げるなど活躍している。通算成績は1万2316戦1952勝(17日現在)。

 13年2月21日から14年11月13日までの間の14回、資格のない者を大井競馬騎手調整ルームに施術師であると虚偽の申告をして入室させていたとして、特別区競馬組合から3月2日から4月10日まで30日間の騎乗停止処分を受けている。

 また、14年4月には、騎手調整ルームから、許可を得ずに室外に出たことにより、6日間の騎乗停止処分を受けている。

 地方競馬の免許試験は年3回実施され、他場に移籍すれば、8月1日免許(兵庫、東海、北陸)、12月1日免許(北海道、岩手、高知、佐賀)の試験を受験し、合格すれば騎乗できる。南関東所属のままであれば、来年4月1日免許の試験を受験して合格する必要がある。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス