文字サイズ

香山リカ氏 勝間和代氏に反論

香山リカ氏
1枚拡大

 精神科医の香山リカ氏(54)が15日、フジテレビ系で放送された「気まずい2人が久しぶりに会ってみました」に出演。5年にわたる“舌戦相手”の経済評論家・勝間和代氏(46)と“対決”した。

 香山氏は09年に著書「しがみつかない生き方」を出版。普通の幸せを手に入れるためには“勝間和代を目指さない”と書いた。この“勝間-”の文章は、勝間氏への承諾なしに本の帯にも使用され、大きな反響を呼んだ。

 勝間氏は、当時を振り返り「私の名前を無断使用した上で、(私を)巻き込まないでくれ、って(感じだった)」「ブームの便乗商法みたいだったのもイヤだった」と感想。「私、別に香山さん、嫌いじゃないですよ」とも付け加えた。

 当時は“カツマー”という言葉が生まれたほど、勝間氏の著書や発言がブームとなっていた。勝間ブームに乗った「しがみつかない-」は、ベストセラーになった。

 香山氏は便乗商法について「私も勝間さんの言うように、“売る努力”をしないといけないと思ったんで。それを便乗商法とするなら、それは(便乗で)いいんじゃないですか」と反論。

 司会の塾講師・林修氏が「こうやって本の帯にも使うなら、事前に(勝間さんに)承諾得たりするじゃないですか」と仲裁に入ると、「勝間さん、BIGだったし、こんな小物(私)の言うことなんか気にしないでほしい」と開き直る形となった。

 勝間氏と対面した香山氏は「そんなにイラつきましたか?」と質問。勝間氏は「イラつくというよりは、面倒くさいなあ、と思ったんです」と告白。「宣伝になる反面、議論しなきゃいけない…」と火の粉をかぶった心境を明かすと、香山氏は「でも、勝間さんもその後、書かれたじゃないですか」と応戦。

 勝間氏が、“『しがみつかない生き方』を読み、正直、迷ってしまっているあなたに読んでほしい、という気持ちでこの本を書きました。”として、反論書「やればできる」を出版したことに触れ、「それも便乗じゃないですか」とツッコミを入れていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス