文字サイズ

岸部四郎 月1200万円の利息返済も自己破産 69社以上から約4億円の借金

 再結成した「ザ・タイガース」が27日、東京ドームで行ったツアーの最終公演に、元メンバーの岸部シローこと岸部四郎(64)が、サプライズで登場した。四郎は、左手のひらに黒マジックで「トラブル」と書いて会場のファンに披露した。脳梗塞で死の淵をさまよった男、四郎は、1998年、多額の借金を背負って、自己破産。司会を務めていた平日の情報番組「ルックルックこんにちは」(日本テレビ系)を緊急降板するなど、大騒動を起こしていた。

 【1998年4月9日付の本紙より】

 不渡り手形を出し、日本テレビ系「ルックルックこんにちは」の司会を降板したタレント・岸部四郎(48)の代理人である野間自子弁護士(38)が8日、都内で会見し、岸部は6日に自己破産申請したことを明かした。

 同弁護士によると、岸部の負債は約3億6千万円。債権者は個人、銀行、月利30%のヤミ金融など69社(人)以上に及び、ほかに税金分6千数百万円などがあり、さらに増える可能性もあるという。

 同弁護士によると、岸部の借金は昭和62年、前夫人との離婚養育費用として銀行に300万円借りたのが始まり。

 自転車操業が続いていたが、昨年4月、連帯保証人を引き受けていた元タイガースの森本太郎氏が自己破産したことで最悪に。最近は、月収1000万円を超える1200万円を利息返済に充てる状態で、先週末、自己破産を決意したという。

 当初、事業の失敗と言われていたが、同弁護士は「彼はタレント以外には何もしていません。奥さんの経営していた骨董(とう)品店だけ」と否定。岸部は現在、都内で謹慎中で、弁護士を通じ「状況が落ち着き次第、自分自身で話したい」とメッセージ。

 日本テレビに「VTR会見したい」と申し出たが拒否されたといい、同弁護士は「生活を切り詰め、最後まで支払いたいと頑張っていました」と岸部の誠意を強調。破産が認められ次第、免責も申請予定で「再びタレント活動ができれば」と、話しているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス