文字サイズ

44年ぶり5人の「ザ・タイガースです」

 1960年代に一世を風びしたグループサウンズ「ザ・タイガース」が3日、東京・日本武道館で再結成ライブを行った。オリジナルメンバー5人でステージに立つのは1969年以来44年ぶりで、武道館公演は71年の解散ライブ以来。ボーカルの沢田研二(65)が「ついにきょうの日がやってまいりました」とあいさつすると大ヒット曲「シーサイド・バウンド」など28曲を披露し、ファン1万3000人をタイムスリップさせた。

 ジュリー(沢田)、トッポ(加橋かつみ=65)、サリー(岸部一徳=66)、ピー(瞳みのる=67)、タロー(森本太郎=67)がステージに上がると、早くも会場は総立ちに。5人が「皆さん、こんにちはザ・タイガースですっ!」と声をそろえると「お帰り~」の声が飛んだ。

 69年のトッポ脱退以来、初めて同じステージに立った5人は、サリーが「音楽少年に戻ります」と話したように、サポートを入れない5人だけの2時間をかみしめるように楽しんだ。「シーサイド‐」では、少し重そうな還暦のステップを会場が一緒に踏んだ。

 2011年にジュリーが再集結を呼びかけたが、ジュリーへのわだかまりが解消できなかったトッポは参加せず、4人でツアーを回った。ツアー後「トッポのハイトーンがないとタイガースじゃない」と、ジュリーがトッポを再説得。今年1月の自身の公演で「5人の気持ちが一つになった」と、再結成を発表した。

 今はロックの聖地となった武道館だが、歴史の扉を開いたのがタイガースだ。日本のバンドによる初めての単独公演が、71年の解散ライブだった。40年以上の紆余(うよ)曲折を経て、5人は聖地に帰着。ジュリーは「これから先、不安で切ない時代だけど、僕たちに光を、力を、愛をくれてありがとう」と感謝した。

 タイガースはこの日を皮切りに27日の東京ドームまで、8公演の全国ツアーを行う。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス