文字サイズ

青木アナが退社を生報告 寿は否定

 年内退社が明らかになったTBSの青木裕子アナウンサー(29)が7日、同局系の情報番組「サンデー・ジャポン」に出演し、退社を生報告した。

 来年1月7日に30歳の誕生日を迎える青木アナは、「TBSは年内で退社させて頂くことに決めました。20代最後の年で一度区切りを、と決めました。退社後のことは、そのあとゆっくり考えます」と決断理由を説明。ナインティナイン・矢部浩之(40)と交際順調とあって、退社は結婚へ向けての大きなステップとなるはずだが、共演者から「寿退社?」と突っ込まれると、「では、ないです」とキッパリ否定。「(矢部に退社の)話はしましたけど、私が決めたことなので」と強調した。

 番組冒頭でも退社報道を紹介されたが、青木アナは神妙な顔つきで「ホントにスミマセン」と何度も頭を下げた。司会の爆笑問題・田中裕二(47)は「青木アナからは後ほど。ちょっと引っ張らせてもらいます」とし、相方の太田光(47)も「番組最後に青木さんから重大発表」とあおっていた。

 青木アナと矢部は2010年8月に交際が発覚し、以降、青木アナは同番組で熱愛ネタをいじられるのが“定番”となった。恋のゆくえが注目される中、矢部も今年7月のイベントで「2013年に何か起こるんじゃないかな」とゴールインをにおわす予言をしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス