文字サイズ

リオ競泳主将は平泳ぎの金藤理絵 女子では初

 金藤理絵
1枚拡大

 リオデジャネイロ五輪の競泳日本代表主将を女子平泳ぎの27歳、金藤理絵(Jaked)が務めることになった。14日、平井伯昌監督が明らかにした。同監督によると、女子が競泳五輪代表チーム全体の主将になるのは初めて。

 2大会ぶりの五輪出場となる金藤は「びっくりした。みんなが笑顔でいられるチームにしたい」と抱負を語り、平井監督は「精神的に安定している」と信頼を寄せた。男子で21歳の萩野公介(東洋大)が副将となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス