文字サイズ

ソフトB、危険行為に意見書提出 スライディングで川島負傷

 6回、日本ハム・田中賢のスライディングを受け負傷し、退場するソフトバンクの二塁手川島(中央)=東京ドーム
1枚拡大

 ソフトバンクの三笠杉彦球団統括本部副本部長は3日、東京ドームで行われた日本ハム3回戦で川島慶三内野手が二塁付近で一塁走者のスライディングを受け、負傷したことに「映像を見返したが、(一、二塁間の)走路を外れた危険なプレー」としてパ・リーグに宛てた意見書を近く提出することを明らかにした。

 工藤公康監督は走者と捕手の衝突防止を目的に今季新たに導入された「コリジョンルール」に触れ、二塁へのスライディングも見るように審判員に求めていたといい「審判も見ると言っていたのに。少し残念。これをきっかけに考えてくれれば」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス