文字サイズ

巨人・高橋由伸監督、引退セレモニー

長嶋茂雄終身名誉監督(右)から渡されたボールのメッセージを見つめる巨人・高橋由伸監督=東京ドーム(撮影・園田高夫)
子どもたちから花束を渡され笑顔を見せる巨人・高橋由伸(中央)=東京ドーム(撮影・園田高夫)
長嶋茂雄終身名誉監督(右)からメッセージを書いたボールを渡される巨人・高橋由伸監督=東京ドーム(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 巨人・高橋由伸監督(40)が23日、東京ドームで行われたファンフェスタで、現役引退セレモニーを行った。菅野智之投手(26)との一打席勝負では、左中間へ安打性のライナー。“最終打席”でも天性のバットコントロールを見せてファンを沸かせ、現役生活に幕を閉じた。

 涙は見せなかった。「誇れることがあるとするなら、巨人軍で現役生活を全うし、完全燃焼できたことだと思います」。最後までさわやかな笑顔を振りまいた。

 セレモニーを見届けた長嶋茂雄終身名誉監督は「勝つ 勝つ 勝つ」とメッセージ入りのボールを手渡し、握手。由伸監督が尊敬する松井秀喜氏はビデオメッセージで出演し、セレモニーを盛り上げた。

 スポットライトを浴び、マイクを握った由伸監督は「どんな逆境にも立ち向かい、覚悟を持ってまい進します。そして野球の素晴らしさをしっかりと伝えていきます」と大勢のファンを前に誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス