文字サイズ

雄平 転向打者ではリーグ2人目の受賞

 ヤクルトの雄平外野手(29)が5月のセ・リーグの打者部門の月間MVPを初受賞した。5月は打率・364、8本塁打、19打点、長打率・646の好成績だった。雄平は02年に投手としてドラフト1位で入団し通算18勝を挙げたものの、10年に野手転向。1軍で登板した投手が野手に転向しての受賞は93年9月の仁村徹(中日)以来リーグ2人目。

 この日は都内のクラブハウスで会見し、12球団トップの打率を誇る強力打線のチームメートと争っての受賞に「ボク自身ビックリしてます。周りの選手もすごい成績を残してたので、まさか取れるとは思ってなかった」と、喜びを語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス