文字サイズ

大谷翔平、初回同点二塁打も六回2死満塁の三振を反省「主軸としては一本ほしかった」

 「エンゼルス5-3レッドソックス」(6日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)が日米通算50勝、メジャー1年目の18年に並ぶ自己最多タイの4勝目。チームは貯金1となった。

 「2番・投手」で6登板連続、今季10度目の投打同時出場。今季最長タイの7回、89球を投げて5安打2失点、4奪三振、無四球の好投。打撃成績は4打数1安打1打点だった。

 打撃では1点を失った直後の初回無死二塁、苦手としていたレッドソックス先発のイオバルディから、低弾道で右翼フェンスに達する同点二塁打を放った。打球速度174キロ、飛距離99メートルの弾丸ライナーだった。その一方で、六回2死満塁で空振り三振に倒れるなど、2打席目以降は凡退した。

 大谷は「初回に関しては良かったと思うんですけど、2アウト満塁のところで、主軸としてはあそこで一本ほしかった」と反省点を挙げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス