文字サイズ

大阪在住16歳がメジャー挑戦 ロイヤルズが結城海斗との契約を正式発表

ロイヤルズとマイナーリーグ契約を交わした結城海斗投手=大阪府南河内郡河南町のぷくぷくドーム(撮影・佐藤厚)
会見後、キャッチボールする結城海斗投手=大阪府南河内郡河南町のぷくぷくドーム(撮影・佐藤厚)
ロイヤルズとマイナー契約を交わし、同球団の大屋博行国際スカウト(右)から帽子をかぶせてもらう結城海斗投手=大阪府南河内郡河南町のぷくぷくドーム(撮影・佐藤厚)
3枚3枚

 米大リーグのロイヤルズは8日、大阪府在住で16歳の結城海斗投手とマイナー契約を結んだことを正式発表した。結城は今春に中学を卒業したばかりの長身右腕でこの日、大阪府内で会見に臨み「メジャーリーグに行って活躍することが目標」と決意を述べた。メジャー球団と契約した日本人選手では史上最年少となる。

 188センチの長身から繰り出す140キロ超の直球が持ち味。中学まで硬式の河南リトルシニアに所属。昨夏の米国で行われた国際大会「MCYSA全米選手権」に日本代表として出場した。小学時代にはカブスのダルビッシュ有投手と同じ軟式野球チームに所属。「ダルビッシュ投手と地元も同じなので憧れていました」と話した。

 少し緊張気味ながらも、しっかりとした言葉でこれからの挑戦について語った。いきなりのメジャー挑戦。「シニア選抜でやらせてもらったとき、(米国では)自分より体の大きな選手が多くてこういう所で野球をやりたいと思いました」と心境を打ち明けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス