文字サイズ

インディアンス、ア・リーグ新の21連勝 大リーグ82年ぶりの偉業

逆転本塁打を放ったジェイ・ブルース外野手
1枚拡大

 「インディアンス5-3タイガース」(13日、クリーブランド)

 インディアンスがア・リーグ新となる21連勝を記録した。大リーグでは1935年のカブス以来、82年ぶりの偉業となった。

 21連勝は過去に2チームしかなく、メジャー記録はジャイアンツの26連勝(1916年9月7~30日)で、21連勝はカブス(1935年9月4~27日)と並んで歴代2位となる。

 この日は初回に1点を先制されたが、その裏の攻撃で5番ブルースが34号3ランを放ってあっさり逆転。4人の継投で逃げ切り、8月24日から続いている連勝を継続した。先発クレビンジャーが六回途中、6安打3失点(自責1)で10勝目を挙げ、チーム4人目の2桁勝利投手となった。

 インディアンスは連勝中の21試合のうち19試合で先制。総得失点は139得点に対し、失点はわずか35点と圧倒的な強さを見せ、リーグ90勝一番乗りを果たし、試合終了時の地区優勝マジックを4とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス