文字サイズ

マー君VSハンカチ王子、笑顔の敗戦なぜ?「野球の神様がいたのかな」

 ヤンキースの田中将大投手が1日放送のNHKテレビ「プロフェッショナル 仕事の流儀『1アウトの意味 メジャーリーガー・田中将大』」に出演。駒大苫小牧高3年時の夏に再試合となった決勝戦で最後の打者として空振り三振に倒れた時に見せた笑顔のわけを明かした。

 田中は2006年夏に駒大苫小牧の3連覇を目指したが、「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手(現日本ハム)を擁する早実との決勝で再試合の末に敗戦。番組では九回2死で自身が打席に立ったことを、「最後ツーアウトで斎藤と僕、野球の神様がいるのかと思った」と思い起こした。

 空振り三振に倒れて敗戦となった直後、チームメートが泣きじゃくる中で、田中だけは意外にも笑顔を見せていた。その理由について、田中は中学時代に中途半端なスイングで負けたことがバネになっていたことを述懐。高校最後の甲子園では豪快な空振りで終わったことに、「ホームランとか狙ったわけじゃなくて、自分のスイングをしようと思っていた。それができたことは成長できたのかなと思った」と笑顔の理由を明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    大リーグ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(大リーグ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス