著者:デイリー暮らしのエージェント編集部 2024年2月14日更新

カテゴリー おすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック

全身脱毛のメリットとデメリットを徹底解説! 

デイリー暮らしのエージェント編集部 [PR]

アップロード日2023/01/08

全身のムダ毛処理を手間に感じている中で、全身脱毛をしたいと考える方もいるのではないでしょうか。

この記事では、全身脱毛のメリット・デメリットについて解説をします。

医療脱毛とサロン脱毛で全身脱毛をする上でのメリットや、知っておきたい全身脱毛のデメリットについて解説をするので、ぜひ最後までチェックして参考にしてください。

全身脱毛のメリットとは?

全身脱毛のメリットは、大きく分けて3つあります。

ここでは、医療脱毛・サロン脱毛問わず、全身脱毛のメリットについて確認をしていきましょう。

全身脱毛のメリット全身脱毛のメリット

  • メリット(1)最短で全身の脱毛が完了する

  • メリット(2)トータルの費用が一番お得

  • メリット(3)肌を隠す服を着なくても良い!オシャレを楽しめる


参考全身脱毛のメリット・デメリット

(1)最短で全身の脱毛が完了する

「部分脱毛をしてから、徐々に全身脱毛をしていけば良い」と考えているなら少し思いとどまってください。

全身脱毛は、すべてのパーツを同じタイミングで脱毛スタートするため、最短で全身の脱毛が完了します。

部分ごとに脱毛をしてしまうと、ワキは1年先、VIOは2年後…といったように、いつまで経ってもずるずると脱毛に通わなければいけなくなってしまいます。

そうすると徐々に脱毛に通うのが億劫になってしまうというケースもあるため、もしも全身の脱毛を考えているのであれば、最初から全身脱毛を始めるようにしましょう。

(2)トータルの費用が一番お得

部分脱毛は手が伸ばしやすく、初めて脱毛をする場合の体験脱毛にはおすすめです。

しかし、VIOや顔を全身脱毛とは別々のタイミングで始めようとすると、金銭的な負担が大きくなってしまうといったデメリットがあります。

全身脱毛のプランで全てセットになっているものを選べば、それぞれ別々のタイミングでプランを契約するよりも、トータルの費用が一番お得に済むことがほとんどです。

そのため、医療脱毛でもサロン脱毛でも、費用面で一番得をしたいのであれば、全身脱毛を選ぶとベストです。

医療脱毛の相場

医療脱毛の場合、全身脱毛の相場は5回プランで30〜40万円前後だといわれています。

実際に人気のあるクリニックで比較をしても、安くても30万円前後はかかると考えておきましょう。

参考:クリニックのプランと値段の一覧》

サロン名 プランと料金(値段が安い順)
フレイアクリニック 《全身脱毛セット》
全身脱毛8回プラン
月々:5,600円(税込)〜
総額:294,800円(税込)

《全身+VIO脱毛セットもしくは全身+顔脱毛》
VIOもしくは顔脱毛含む 全身脱毛8回
月々:8,800円(税込)
総額:435,600円(税込)

《全身+VIO+顔脱毛》
VIOと顔含む全身脱毛8回
月々:12,000円(税込)
総額:576,400円(税込)
エミナルクリニック 《全身脱毛+VIO脱毛 5回コース+2回追加》
地域Aプラン:178,990円(税込)

《全身脱毛+VIO脱毛 5回コース+1回追加》
地域Bプラン:174,900円(税込)

《全身脱毛+VIO脱毛 5回コース+1回追加》
地域Cプラン:244,000円(税込)

湘南美容クリニック 《全身コース(顔・VIO除く)》
1回:50,720円(税込)
5回コース:244,200円(税込)

《パーフェクト全身コース(顔・VIO込み)》
1回:60,900円(税込)
5回コース:297,000円(税込)
TCB 《全身(VIO・顔込み)オーダーメイド脱毛》
1回:138,000円(税込)
5回コース:389,000円(税込)
レジーナクリニック 《全身脱毛ライト》
1回:192,500円(税込)
5回コース:207,900円(税込)

《全身+VIO+顔脱毛》
1回:278,300円(税込)
5回コース:405,900円(税込)

◇脱毛サロンの相場

脱毛サロンの場合は、12回プランの場合の相場が20万円前後、18回プランが30万円前後、通い放題プランの場合が40万円前後だといわれています。

回数によっては、クリニックよりもお得に脱毛ができますが、最低でも20万円前後はかかってしまうということを念頭に置いておきましょう。

《参考:脱毛サロンのプランと値段の一覧》

サロン名 プランと料金(値段が安い順)
恋肌 《全身オーダーメイドプラン》
6回:65,800円(税込)
12回:128,310円(税込)

《全身まるっと脱毛》
6回:93,500円(税込)
12回:182,330円(税込)

《全身まるっと脱毛学割パックプラン》
6回:84,150円(税込)
12回:164,090円(税込)
銀座カラー 《全身脱毛6回(顔・VIO脱毛付き)+医療脱毛1回》
月々:1,900円(税込)〜
総額:98,000円(税込)

《全身脱毛2年間脱毛し放題(顔・VIO脱毛付き)》
月々:3,900円〜
総額:290,000円(税込)
ミュゼプラチナム 《全身脱毛コースライト》
完了保証コース
月額:3,900円(税込)〜
総額:158,616円(税込)
※割引適用後の料金

《全身脱毛コース》
完了保証コース
月額:4,600円(税込)〜
総額:187,200円(税込)
※割引適用後の料金
ストラッシュ 《新全身ライト脱毛コース エレクトロポーション(顔&VIO込み)》
12回コース
月々:5,600円(税込)
総額:238,000円(税込)

《新全身スタンダード脱毛コース エレクトロポーション(顔・VIO込み)》
12回コース
月々:6,700円(税込)〜
総額:288,000円(税込)
シースリー 《プレミアム全身脱毛通い放題》
月々:3,700円(税込)〜
総額:380,600円(税込)
「全身脱毛」に関する合わせて読みたい記事

全身脱毛の値段の相場を徹底解説!全身脱毛におすすめサロン・クリニック10選

サロン脱毛と医療脱毛の値段の相場、値段だけで失敗しない全身脱毛の選び方、全身脱毛におすすめのサロンとクリニックを詳しく解説しています。

(3)肌を隠す服を着なくても良い!オシャレを楽しめる

全身脱毛をする上でのメリットは、自己処理がラクになるというだけではなく、ムダ毛によってファッションを選ばなくて良くなるということです。

例えば、背中の開いた服を着たくても、背中のうぶ毛が気になって着れなかったり、ビキニを着たくてもVラインの剃り跡が目立つから諦めてしまったという経験がある方も少なくありません。

そういった諦めてしまったファッションも、全身脱毛をすることで諦めなくて良くなります。

肌を隠す必要も、毛穴を気にする必要もなくなるため、自分にとって幸せだと感じるのが全身脱毛の最大のメリットです。

全身脱毛のデメリットとは?

全身脱毛にはメリットがありますが、デメリットもあります。

ここでは、全身脱毛でのデメリットについて6つのポイントを解説します。

(1)脱毛期間中のお手入れが大変

全身脱毛を始めてしまうと、少しのサボりが許されなくなります。

脱毛期間中は、自宅でのセルフケアをしっかりとしないと、脱毛効果が落ちてしまったり、肌トラブルを招いてしまうため、お手入れが大変だというデメリットがあります。

保湿ケア

脱毛は肌への負担がかかるため、施術後は特に肌が乾燥します。

また、肌が乾燥すると敏感肌になってしまうため、痛みを感じやすいというデメリットがあります。

こういったことを避けるためにも、自宅でも保湿ケアは毎日しなければいけません。

日焼け対策

基本的に、日焼け直後のお肌には脱毛の施術ができません。

そのため、脱毛に通い始めたら夏場だけではなく1年中日焼け止めを塗って、日焼け対策をしなければいけません。

・使ってはいけない自己処理

脱毛を始めると、毛周期と呼ばれる毛の生え変わるサイクルに合わせて、施術を行うため、毛周期を乱すようなムダ毛の自己処理をしてはいけません。

例えば、ブラジリアンワックスや毛抜きなどの、毛を抜くものは論外です。

脱毛に通い始めたら電気シェーバーやカミソリを使用してムダ毛のお手入れをするようにしましょう。

(2)高額な費用が必要になる

全身脱毛のデメリットは費用が高額だということです。

サロン脱毛の方が安いといえども、最低でも20万円はかかってしまいます。

そのため、まとまった貯金がなかったり、ローンが組めない学生や未成年の場合は、全身脱毛ができません。

【※】ローン払いは総額が膨らむので注意

医療脱毛クリニックも脱毛サロンもどちらも、信販会社を通してのローン払いができるところがほとんどです。

しかし、分割払いにすると金利手数料がかかってきてしまうため、一括払いと比較しても総額が多くなってしまうといったデメリットがあります。

ほかにも、万が一解約になった際の返金手続きなども面倒になるので、なるべく一括払いもしくは金利手数料無料のローン払いができる医療脱毛クリニックか脱毛サロンで契約するようにしましょう。

「全身脱毛の都度払い」に関する合わせて読みたい記事

全身脱毛は都度払いのメリットとデメリットは?利用できる脱毛サロンと医療脱毛クリニックも紹介!

全身脱毛が高額だからと諦めてしまった方におすすめしたい「都度払いで通える全身脱毛サロン・医療脱毛クリニック」について解説しています。

(3)脱毛完了までの回数が多い

全身脱毛をする場合、脱毛完了までの回数が多くなることがほとんどです。

パーツによっては少なくて済むところも、VIOに合わせたら多く通わなければいけないということもあるため、不要なパーツがある場合には除外して、必要最低限の回数で通うという方法もあります。

◇医療脱毛の場合の目安回数

医療脱毛で全身脱毛をする場合は、自分の毛質にあった脱毛方法を採用している医療脱毛クリニックを選ぶことが重要です。

自分に合わない脱毛方法で脱毛をしていると、回数が増えてしまう可能性があるため、なるべく自分の毛質に合った脱毛方法を採用している医療脱毛クリニックを選びましょう。

照射方法 特徴 向いている毛質
『蓄熱式脱毛』 ・あらゆる毛質や肌質に対応している。
・痛みを感じにくい。
・脱毛効果を実感しにくい。
・産毛
・細い毛
・白髪
『熱破壊式脱毛』 ・太い毛に効果を感じやすい。
・日焼け肌、地黒肌などは照射できない可能性がある。
・痛みを感じやすい。
・太い毛(ワキや足など)
・黒い毛

《自己処理がラクになる回数と期間の目安》

パーツ クリニック 期間の目安
VIO 7〜10回 1年半〜2年
ワキ 4〜5回 1年
7〜8回 1年半〜2年
「医療脱毛の回数」に関する合わせて読みたい記事

医療脱毛の回数は?効果があるのはいつから?医療脱毛の選び方とおすすめのクリニック

医療脱毛をする場合に最適な回数の選び方と、効果を実感できる回数などについて詳しく解説をしています。効果を実感できない場合の対処法や自分にピッタリの回数プランの選び方などについても紹介しています。

◇脱毛サロンの場合の目安回数

脱毛サロンの場合、医療脱毛よりも多くの回数脱毛に通わなければいけません。

また、採用している脱毛方法によって、効果を実感できる毛質も異なるため、自分の毛の状態に合わせて脱毛サロンを渡り歩くという方法もあります。

方法 効果と痛み
『IPL脱毛』 ・メラニン色素に反応する光を与える。
・毛根の毛乳頭に熱でダメージを与える。
・太い毛にも効果的。
・光脱毛の中では痛みを感じやすい。
『SSC脱毛』
(スムース・スキン・コントロール)
・抑毛効果のあるジェルを肌に塗って光をあてる。 ・毛の太さに関係なく脱毛効果を得られる。
・痛みは少ない。
『SHR脱毛』 ・発毛を促すバジル領域に光を照射する。 ・ウブ毛に効果的。
・日焼け肌でも脱毛できる。
・痛みはほぼない。

《自己処理がラクになる回数と期間の目安》

パーツ サロンに通う回数 期間の目安
VIO 12〜18回 2年半〜3年
ワキ 12回 2年〜2年半
12〜18回 2年半〜3年
「VIOの自己処理」に関する合わせて読みたい記事

VIOの自己処理でチクチクしない対策とチクチクする原因を徹底解説

VIOのムダ毛の自己処理について解説しています。また、チクチクしないための正しい自己処理の手順や対策、脱毛を考えている方におすすめの医療脱毛クリニックも紹介しています。

(4)施術の時に痛みがある

全身脱毛は、パーツによって痛みが異なります。

医療脱毛は基本的に痛みを強く感じ、サロン脱毛も痛みがゼロというわけではありませんが、ゴムで弾かれたような痛みは感じます。

施術をする際の痛みが苦手な場合には、施術の際に苦痛を感じてしまうためデメリットと感じるかもしれません。

(5)肌トラブルを引き起こす原因になる

全身脱毛の施術が原因で肌トラブルを起こしてしまうこともあるというデメリットがあります。

毛嚢炎

ニキビのような皮膚炎です。

脱毛によって肌が痛んだ際に、毛穴に雑菌が入ることで起こる皮膚炎です。

・硬毛化

脱毛前よりも毛が太くなる現象です。

脱毛のレーザーなどが刺激をあたえてしまうことで、元々薄かった毛が濃くなってしまいます。

硬毛化が起きた際には、通常のプランにプラスして回数を重ねなければいけません。

医療脱毛クリニックや脱毛サロンによっては、追加照射が無料な場合もありますが、ほとんどの場合は有料となるため注意が必要です。

硬毛化を引き起こしやすくなる原因の一つに、保湿ケア不足があるため、脱毛を始める前からしっかりと全身の保湿ケアはしておくようにしましょう。

(6)脱毛前の状態には戻せなくなる

全身脱毛をしてしまうと、元の状態には戻せなくなります。

そのため、Vラインのデザインなどは脱毛を始める前に、将来のこともふまえてよく考えてからスタートするようにしなければいけません。

参考全身脱毛の6つのメリットと知っておきたい6つのデメリットや注意点

サロン脱毛と医療脱毛のメリット・デメリットの比較

全身脱毛のメリットとデメリットのほかに、ここではサロン脱毛と医療脱毛のメリット・デメリットも比較をしておきましょう。

(1)サロン脱毛

サロン脱毛は、脱毛1回あたりの料金が安い反面、多くの回数施術を受けなければいけません。

また、医療脱毛と比べて痛みは少ないですが、照射できる光の出力も弱いため、永久脱毛ができないというデメリットがあります。

《脱毛サロンのメリット・デメリット》

使用するマシン 脱毛方法・施術者 メリット・デメリット
『サロン』
(ニードル)
《脱毛方法》
毛を生やす組織にダメージを与える。

《施術者》
サロンスタッフ。
《メリット》
・痛みがほとんどない。
・リーズナブルな価格帯のサロンも多数ある。

《デメリット》
・1回の効果は弱いため定期的に通う必要がある。
・サロンに行かなくなると毛が生えてくることもある。
「全身脱毛」に関する合わせて読みたい記事

安いおすすめの全身脱毛サロン9選!口コミと評判も紹介!

できるだけ値段が安い全身脱毛ができる脱毛サロンを探している人も多いと思います。安くて口コミも良いコストパフォーマンス力が高いおすすめ全身脱毛サロンを解説します。

(2)医療脱毛

医療脱毛は、医療機関で施術を受けるため永久脱毛でき、万が一のトラブルにも安心できるというメリットがあります。

しかし、サロン脱毛よりも高額なクリニックが多かったり、痛みが強いことで途中で挫折してしまう可能性があるというデメリットがあります。

《医療脱毛クリニックのメリット・デメリット》

使用するマシン 脱毛方法・施術者 メリット・デメリット
『クリニック』 ・レーザー
・ニードル
《脱毛方法》
ムダ毛を生やす組織を破壊する。

《施術者》
医師もしくは看護師。
《メリット》
・1回の効果が強いため、施術期間はサロンよりも短いのが特徴。
・永久脱毛が可能。

《デメリット》
・強い痛みを感じる。
(麻酔などで対応可能だが追加費用がかかることが多い)
・脱毛完了後に完全にムダ毛が生えなくなるわけではない。
・サロンと比較して高額。
「医療脱毛のメリット・デメリット」に関する合わせて読みたい記事

医療脱毛のメリットとデメリット!脱毛の中で一番コスパが良いは本当なのか解説

「医療脱毛が一番良い!」という口コミが多いため、医療脱毛を選びたくなる方も多いですが、メリット・デメリットを知った上で、医療脱毛を始めないと後悔してしまうこともあります。この記事では、医療脱毛のメリットとデメリットについて解説しています。

まとめ

この記事では、全身脱毛のメリット・デメリットについて解説をしました。

デメリットはあくまでもリスクの問題だったり、費用の問題のため、しっかりとケアや貯金をしておくことで解決できるため、しっかりとセルフケアをして脱毛を始めるようにしましょう。

「全身脱毛」に関する合わせて読みたい記事

【厳選】おすすめの全身脱毛サロン10選!料金・効果を徹底解説

全身脱毛を脱毛サロンでやりたいと考えている人向けに、全身脱毛をする際におすすめの脱毛サロンを厳選して紹介しています、また、脱毛サロンの選び方のポイントについても解説しています。
page top