ホーム

 文字サイズ

チャリティ・プロレス・ディナーショー!

2014年12月19日

入場曲を歌う深見東州氏(写真左から2番目)と初代タイガーマスク(左から3番目)

 「東京芸術財団」が主催する「X'mas チャリティ・プロレス・ディナーショー!」が9日、東京都文京区の「ホテル椿山荘東京 オリオン」で行われ、参加者は一足早い聖夜に酔いしれた。第1部では、同財団の深見東州会長が艶のあるハイバリトンでクリスマスソングの数々を熱唱。第2部では伝説の虎・初代タイガーマスクや第64代横綱・曙、あの「極悪同盟」の総帥・ダンプ松本らが会場狭しと暴れ回り、場内は興奮のるつぼと化した。静寂の庭とおいしい料理の「序」、すてきな音楽と歌の「破」、そして激しい熱狂を生んだプロレスの「急」。能楽師でもある深見氏がプロデュースした能の神髄「序破急」は、まさに夢の贈り物だった。

 

燃えた!!椿山荘

 陳腐な表現しかできない自分がもどかしい。子供のころだった。クリスマスイブの夜。枕元に置かれた、お菓子がいっぱい詰まった「不二家」の赤いブーツ。目が覚めて、そのプレゼントに狂喜乱舞したことがある。手を突っ込むたびに、今度はどんなキャンディーやお菓子が出てくるのだろう?記憶の奥底にしまっていた、そんなセピア色の出来事を思い出した。

 次に何が飛び出してくるのか、分からない。歌とプロレスの夢の競演。会場を埋め尽くした520人の観客は、時間(とき)が刻まれていくのも忘れ、立ち上がり、そして歓声を上げた。

 数々の激動・動乱をくぐり抜けてきた、明治の元勲・山縣有朋の屋敷だった「椿山荘」。その敷地内で「プロレス維新」ともいえる激しいバトルが演じられた。

殺人技フルコース

 第2部。プロレスの第4ラウンドでは、1980年代前半、全国に一大ブームを巻き起こし、時代に愛された男、伝説の虎・初代タイガーマスクが、リングで咆哮(ほうこう)。みちのくプロレスの特攻隊長・日向寺塁を完膚なきまでに、たたきのめした。

 フライングクロスアタックから、タイガードライバー、そして、ツームストンパイルドライバーで3カウントを奪う完璧すぎるフィニッシュ。殺人技フルコースに、鼓動が速くなり、体中をアドレナリンが駆け巡る感覚を味わった。

 第3ラウンドではアッパーブローを得意技とするザ・グレート・カブキと天龍源一郎という2人のレジェンドの対決に、圧倒された。声も出せず、固唾(かたず)をのんで試合の行く末を見守るしかなかった。

一夜限りの復活

 第2ラウンドでは史上初の外国人横綱として、若乃花、貴乃花の兄弟の前に聳(そび)え立った曙が、全日本プロレスの人気者のSUSHIを、その体で圧殺してみせた。

 そして、第1ラウンドではかつて残酷の限りを尽くした、女子プロ界一のヒール軍団の総帥・ダンプ松本とその盟友として暴れ回った「獄門党」の女帝・ブル中野が、夢の一夜限りの復活だ。井上京子&三田英津子&Sareeeを相手に、竹刀とヌンチャクを手に大立ち回りを演じ、会場を恐怖のどん底に陥れた。テレビ創成期のころ、誰もが街頭テレビの前に立ち、力道山とシャープ兄弟の激闘に心を躍らせた。そのシーンが時空を超え、平成のちょっぴり早い聖夜によみがえった。

まるでサッチモ

 プロレスに先駆けて、深見氏が集まった人たちを魅了した。「君のいないメリークリスマス」から始まった、3曲の「僕も年齢を重ねてオジジになった。だからオリジナルならぬオジジナル曲」は圧巻だった。甘いハイバリトンに、パンチの利いたシンバル、そして腹部に響くドラムのコラボ…。クリスマスメドレーでは「納豆菌は体にいいから」とギャグをかまし、ナット・キング・コールを讃える。そして、あのサッチモことルイ・アームストロングが歌った「What a Wonderful World」に、独自の世界観を込めた。エディット・ピアフがフランス語で奏で、サッチモが英語で歌った「バラ色の人生」をしっとりと歌い上げ、さらにユーミンの名曲「恋人がサンタクロース」では総立ちにさせた。

チャリティの蛍火

 パーティードレスや着物で身を包んだ女性客がリズムに合わせて踊りだす。そこには、かつてのダンスホールやディスコ、いや今でいうクラブにも勝るとも劣らない空間が生まれていた。

 第1部の最後は「きよしこの夜」。それからのプロレス。深見氏は「なぜ、歌の後にプロレスなのか?それは清濁併せのむからです」と説明したが、その言葉にうそはなかった。これまでにない演出で、1+1のはずのディナーショーが∞(無限大)に広がった。

 第1部、第2部、すべての終了後、深見氏は「来年も、ディナーショーでプロレスをやります」と高らかに宣言した。「椿山荘」の夏の名物は蛍。そこに、冬の名物として「チャリティの蛍火」が加わることになった。(今野良彦)

 



文化ニュース

  • 音楽監督にドゥダメルさん(4月16日)
  • 将棋、藤井が初の5期連続優勝(4月16日)
  • 劇作家の清水邦夫さんが死去(4月16日)
  • コロナ禍、支援システム円滑に(4月16日)
  • 福岡の城山横穴群、整備し公園に(4月16日)
  • 囲碁、藤沢が女流名人4連覇(4月16日)
  • 「おしん」総集編と座談会放送へ(4月16日)
  • 未来のスター、夢舞台へ(4月16日)
  • J・ロペスさんが婚約解消(4月16日)
  • 世界の記憶、各国承認制に(4月16日)
  • 人間国宝、吉田簑助さん今月引退(4月15日)
  • NHK「おちょやん」撮影終了(4月15日)
  • 祇園祭の山鉾巡行は2年連続中止(4月15日)
  • 弘法大師の三大秘宝展示、高野山(4月15日)
  • 月刊誌「日本カメラ」休刊(4月15日)
  • 西田敏行さんが後白河法皇役に(4月15日)
  • 俳優の朝比奈順子さん死去(4月14日)
  • 4月14日が「椅子の日」に(4月14日)
  • 熊本城で復興願うライトアップ(4月14日)
  • 橘諸兄創建の井手寺で塔跡、京都(4月14日)
  • 囲碁の女流名人戦、藤沢が先勝(4月14日)
  • 免許取りたてでヒヤヒヤ(4月14日)
  • 愛知に「名探偵コナン駅」登場!(4月14日)
  • 高山祭、豪華屋台2年ぶり公開(4月14日)
  • 山本耕史さんがコロナ感染(4月14日)
  • 400年前の江戸城石垣か(4月14日)
  • 俳優の貫地谷さんがコロナ感染(4月13日)
  • 東宝「鬼滅」効果で黒字(4月13日)
  • 後藤真希さんがコロナ感染(4月13日)
  • 川端文学賞に千葉雅也さん(4月13日)
  • 新田次郎賞に永井さん(4月13日)
  • 普段と違う自分にわくわく(4月13日)
  • 平和ポスター制作に大貫卓也氏(4月13日)
  • よさこい祭り、規模縮小し開催へ(4月12日)
  • 秋の長崎くんち、今年も中止(4月12日)
  • 将棋JT杯が6月12日開幕(4月12日)
  • 寄贈の宮沢賢治草稿、直筆か(4月12日)
  • 上方漫才大賞は「かまいたち」(4月10日)
  • 聖徳太子1400年忌法会(4月10日)
  • 橋田寿賀子さん、熱海名誉市民に(4月10日)
  • 伝説のラッパー、DMXさん死去(4月10日)
  • 田中邦衛さんしのび献花台(4月10日)
  • 藤井二冠、21年度白星発進(4月9日)
  • アイヌ不適切表現審議入り(4月9日)
  • 「高輪築堤」の信号機跡を公開(4月9日)
  • バレエの岩田守弘さんが記念公演(4月9日)
  • 今日みられてます

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6

    注目トピックス

    カードローン、即日融資

    私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

    阪神タイガースプリント

    紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    競馬G1プリント

    紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    阪神 今日は何の日?

    タイガースが1面を飾った出来事が満載!

    今日は誰の誕生日?

    毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介