ホーム

 文字サイズ

〝斬新ミュージオモ〟「明るすぎる劇団・東州 第6回定期公演」

2015年7月10日

公演フィナーレで劇団員とともに歌う深見東州氏(左)

 「明るすぎる劇団・東州 第6回定期公演」(主催・一般社団法人東京芸術財団)が4、5日の2日間にわたって、東京・初台の新国立劇場で行われた。総合プロデュース、原作、演出、脚本、衣装、音楽、歌、幕間コンサートを、劇団団長でもある戸渡阿見(深見東州氏)が担当。〝ミュージオモ〟と題して「南極物語」「民宿」「盛り場」「バッタに抱かれて」の4演目を披露。また幕間コンサート&ウタントマイムが行われ、集まった1800人(2日間)の観衆を魅了した。4時間にわたった公演の一部を紹介する。

 劇団の気持ち一つに結集

 毎回、斬新な企画で観衆を驚かせる定期公演だが、今年は全作品が演劇とライブコンサートを融合させた〝ミュージオモ〟。深見東州氏によると「ミュージカルよりも面白く、ミュージカルよりも重厚な歌があるから、ミュージオモ」。その言葉通り、今回の4つの作品は、いずれも歌あり、ダンスありの誰もが楽しめるものとなった。

 最初の作品は「南極物語」。これは、2013年大みそかのカウントダウン野外公演で初演され、笑いと感動を呼んだ人気作だ。

 南極大陸でペンギンと出合った「私」は、楽しい日々を過ごしていく。アザラシも合流し、連日歌って踊って暮らしていたが、楽しい時期は長くは続かなかった…。この南極での〝難局〟をどう乗り切ったのか。

 2作品目は、北海道を舞台にした「民宿」。「みず望荘」という民宿に泊まった男は、あまりの寒さにストーブをつける。だが、その直後からさまざまな災難が男を襲うという、シュールでおかしく、ちょっぴり背中が寒くなるストーリーだ。深見氏が歌う「イヨマンテの夜」「北酒場」が、北国の夜や寒さを演出していた。

 3作品目が「盛り場」。2007年7月の旗揚げ公演で上演された爆笑劇で、劇団公演の中でも1、2を争うインパクト。根強いファンも多いという。

 仕事帰りの男が、フラリと立ち寄ったとあるバー。カウンターに腰掛けると、横には男好みの美女が座っている。少しエッチな妄想を抱く男の心の声が、なぜか店内にいる全員にばれている。驚く男の横で、美女が顔を上げると…。「赤いグラス」「ルパン三世のテーマ」「さそり座の女」といった深見氏の歌声が、酒場の雰囲気を一層もり立てていた。

 そして、最後が劇団の作品でも大人気という「バッタに抱かれて」。善福寺公園で出合ったバッタと女性の切ないラブストーリーだ。実はこの女性を演じた葉子ヨコハマは、前夜、階段から落ちて左足を負傷。この日の出演も危ぶまれたほどだったというが、痛み止めを飲んでの熱演だった。

 深見氏は幕間のトークで「初日は気が引き締まっていい公演ができるが、2日目以降は気が緩む。そして、最終日になるとこれが最後だと思ってまた引き締まる。皆さんも、劇を見に来るときは初日に来るといいですよ」と自虐的に語っていたが、葉子ヨコハマのけがで、劇団の気持ちが一つに結集。引き締まった演技が観客を魅了した。

 わずか7人の劇団員だが、4作品を演じるにあたって、7人がフル稼働。1人が何役も演じなければならず「まさにヘビーローテーションです」(深見氏)ということで、最後は客席も総立ちになり、全員でAKB48のヘビーローテーションを熱唱。最高潮の盛り上がりを見せた。

 鳴りやまない拍手を受けたアンコールでは、深見氏はオペラ「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」を熱唱(初日は「オー・ソレ・ミオ」)。余韻覚めやらぬまま、第6回公演は幕を閉じた。

 



文化ニュース

  • 歴史学者の坂野潤治さん死去(10月20日)
  • コロナ差別防止でシンポ(10月20日)
  • 司馬遼太郎作品の草稿など出品(10月20日)
  • ドワンゴ、将棋主催を解除(10月20日)
  • 囲碁、井山が勝ち1勝1敗(10月20日)
  • 徳島での新作歌舞伎、来年は中止(10月20日)
  • パパDAIGOが紙おむつCM(10月20日)
  • 三戸なつめ、パッツン前髪を返上(10月20日)
  • 「マスクドットコム」が盛況(10月20日)
  • 映画「鬼滅」主題歌が1位(10月20日)
  • 地域の祭りや郷土食を文化財に(10月19日)
  • 「赤い公園」の津野米咲さん死去(10月19日)
  • 「鬼滅の刃」封切り3日46億円(10月19日)
  • 福岡で国内最古級のすずりか(10月19日)
  • 倖田來未がソファベッドPR(10月19日)
  • 写真家の鬼海弘雄さんが死去(10月19日)
  • 囲碁、上野が勝ちタイに(10月18日)
  • バンクシー、自転車で新作(10月17日)
  • 劇団四季で10人コロナ感染(10月17日)
  • 「三船敏郎賞」に小林稔侍さん(10月17日)
  • 囲碁、藤沢連勝か上野タイか(10月17日)
  • 芦田愛菜さんが光秀の娘役に(10月17日)
  • 仏像から金色のミニ不動明王(10月16日)
  • テレビ届け出義務、民放は疑問視(10月16日)
  • 一力碁聖「運命的なもの感じる」(10月16日)
  • 千住さん、高野山にふすま絵奉納(10月16日)
  • 中川翔子が初対面で大興奮(10月16日)
  • 江戸期の望遠鏡製作道具見つかる(10月16日)
  • 京都市の八坂神社本殿を国宝に(10月16日)
  • 「人生で一番気合入れた仕事」(10月16日)
  • 映画「鬼滅の刃」が公開(10月16日)
  • シェークスピア全集10億円(10月16日)
  • 女優役で明日海りおさん出演(10月15日)
  • 焙煎されたばかりの僕(10月15日)
  • NHKのネット業務肥大化を懸念(10月14日)
  • 将棋、永瀬王座が初防衛(10月14日)
  • 井山が囲碁名人を奪還、四冠に(10月14日)
  • エンタメ界、補助金の条件緩和を(10月14日)
  • 「父親が一番喜んでいる」(10月14日)
  • BPO、とくダネ!「問題なし」(10月14日)
  • コンチャータ・フェレルさん死去(10月14日)
  • 俳優の森川正太さん死去(10月14日)
  • 本の街から炭治郎やルフィが応援(10月14日)
  • 与謝野晶子の寄稿文、映像展示(10月14日)
  • 石原さとみ、祝福にはにかみ(10月13日)
  • 松本穂香「みをつくし料理帖」に(10月13日)
  • 池袋にキッズパーク誕生(10月13日)
  • 作詞家松本隆さんが筒美さん哀悼(10月13日)
  • ジョン・レノンさんの写真集発売(10月13日)
  • 今日みられてます

    • 2
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8

    注目トピックス

    カードローン、即日融資

    私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

    阪神タイガースプリント

    紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    競馬G1プリント

    紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    阪神 今日は何の日?

    タイガースが1面を飾った出来事が満載!

    今日は誰の誕生日?

    毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介