ホーム

 文字サイズ

「新春 ジャズの一人祭典!」深見氏のJAZZYな声に酔いしれた

2015年1月21日

名曲を甘く歌い上げる深見東州氏

 まさに、「What a Wonderful World~この素晴らしき世界~」だ。「新春 ジャズの一人祭典!」が15日、東京都中野区の「中野サンプラザホール」で行われ、2000人を超す大観衆はjazzyな夜に酔いしれた。今コンサートは〝進撃の阪神ジャズ歌手〟とも呼ばれる「一般財団法人 東京芸術財団」の会長・深見東州(半田晴久)氏が、その類いまれなビート感覚、スイング感覚、そしてセクシーボイスでジャズのスタンダードナンバーを中心に歌いまくる一大イベント。サッチモことルイ・アームストロングやトニー・ベネットら、ジャズ界の巨人シンガーをも凌(しの)ぐ歌声、さらに「聖者の行進」で場内を練り歩くサービスもあり、深見ファンにとってちょっと遅めのお年玉となった。音響の良さでは都内屈指といわれる、コンサートの殿堂は、小雨の降る寒い夜ながら、最後の最後まで熱気に包まれていた。 

ジャズは退屈だ、分からないという人がいる。だが、深見氏が歌うジャズはある意味、簡単だ。

 あのタモリが自分の番組「ヨルタモリ」という番組で、こう持論を展開していた。「ジャズという音楽はない。ジャズな人がいるだけ。ジャズな人がやる音楽はジャズになる」―と。深見氏は、まさにジャズな人だからだ。だから、どんな歌もジャズになる。そう実感させられた。オペラ歌手として、譜面通りに歌ったと思えば、曲中にスイングしたり、メロディーに変化を与え、フェイクする。まさに、ジャズだ。

 曲ごとに、聞くものを違った世界へといざなった。これまでの「進撃の阪神巨人」シリーズとは違った、また別の世界観をタップリとプレゼントしてくれた。

 柄の入った白いジャケット、黒いパンツ姿で登場した深見氏は「ジャズは真面目に聞きすぎてはダメ。緊張して聞いてはダメですよ。緊張は夏だけです。だって緊張(金鳥蚊取り線香)の夏ですから」とお得意のギャグで、コンサートをスタートさせた。「A列車がダメならB列車で」と重ね、オープニング曲の「Take the A Train~A列車で行こう~」では甘い歌声を会場中にまん延させた。公爵と呼ばれた、あのデューク・エリントンの、軽妙洒脱(しゃだつ)な世界が中野サンプラザに誕生した。

 「責任感があるからセキがでる」。こう笑い飛ばしたが、風邪気味で体調は決して万全ではなかったのかもしれない。いつもの水分補給に加え、栄養ドリンク、風邪薬を飲みながらステージに立った。だが、マイクを握ればいつもの深見氏だった。「前に一人紅白をやって75曲歌ったことがある」というだけのことはあった。

 フランク・シナトラが歌った「Fly Me to the Moon」を乗りのテンポで歌い上げた。さらにはあのエディト・ピアフの持ち歌で、英語版ではルイ・アームストロングが大ヒットさせた「ばら色の人生」を艶のある中低音を響かせ、観客に披露した。

 「慕情」では、香港で病気になり、行った先の病院が映画「慕情」の舞台だったというエピソードで笑わせた。また、コンサートの最後ではテレビアニメの主題歌3曲をジャズやボサノバ風のアレンジでリズムに乗せた。

 さらに、アンコールのラストを飾った「テネシーワルツ」では、観客全員に配られた、紅白餅のような粘りのある歌い方とオーソドックスな歌い方を織り交ぜた。

 私が生まれて初めてジャズのコンサートに行ったのは高校生のときだった。同じ中野サンプラザで行われた、ジョン・コルトレーンと並ぶジャズ・サックスの巨人、ソニー・ロリンズのコンサートに心をときめかせた。その時、彼のサックスから発せられた最初の音を聞いたときの思いに勝るとも劣らない、感動をプレゼントしてくれた。

 もう手遅れだろうが、大好きな「ミスティ」に酔った私も、ジャズな人になりたいと切実に願った。(今野良彦)

 



文化ニュース

  • 鼻の下を伸ばして別人?(10月27日)
  • 角野栄子児童文学館、設計を発表(10月27日)
  • 生きるのが楽しくなった(10月27日)
  • ナイキデザインの運動施設(10月27日)
  • 柳田国男の少年時代を追体験(10月27日)
  • 藤井二冠、王将への挑戦消える(10月26日)
  • コシノさんが観世宗家と能(10月26日)
  • 「承久の乱」描いた絵巻再発見(10月26日)
  • 平田オリザ学長誕生へ(10月26日)
  • 大原美術館が寄付募集(10月26日)
  • 「鬼滅の刃」798万人を動員(10月26日)
  • 小島よしおがドラキュラに(10月26日)
  • バカリズムと井浦新W主演(10月26日)
  • シニア向け体操のDVD(10月26日)
  • 囲碁の仲邑初段、4強ならず(10月26日)
  • 名和晃平さん「オリビエ賞」逃す(10月26日)
  • 文楽、大阪でも上演再開へ(10月25日)
  • 世界遺産委、来年6月開催(10月24日)
  • 国立工芸館、東京から金沢へ移転(10月24日)
  • 「JJ」が不定期刊行に(10月23日)
  • 受刑者におすすめの本を紹介(10月23日)
  • 劇団四季、新劇場「秋」開場へ(10月23日)
  • 囲碁の王座戦、芝野が先勝(10月23日)
  • 将棋、羽生九段が勝ち1勝1敗(10月23日)
  • 時事通信社コラム、他媒体と酷似(10月23日)
  • 「年末年始の贈答に最適」(10月23日)
  • 志村けんさん銅像を故郷に(10月23日)
  • 客入りイベントに感無量(10月23日)
  • 奈良・正倉院展、24日から開催(10月23日)
  • 首里城の大龍柱、補修始まる(10月23日)
  • 岡村隆史さんが結婚(10月23日)
  • 報道写真家・沢田教一の記録映画(10月22日)
  • 京都の西寺跡で須弥壇を発見(10月22日)
  • 中条あやみが華麗にカヌー(10月22日)
  • K・ジャレットさん、公演困難に(10月22日)
  • ジェームズ・ランディ氏死去(10月22日)
  • 「名古屋城復元、地震対策を」(10月22日)
  • 短歌の若山牧水賞に谷岡亜紀さん(10月22日)
  • 金閣寺の違法工事に処分要請(10月21日)
  • 石川県の白山手取川の推薦を決定(10月21日)
  • 長山洋子がヒット祈願(10月21日)
  • NHK「麒麟」来年2月7日まで(10月21日)
  • 歴史学者の坂野潤治さん死去(10月20日)
  • コロナ差別防止でシンポ(10月20日)
  • 司馬遼太郎作品の草稿など出品(10月20日)
  • ドワンゴ、将棋主催を解除(10月20日)
  • 囲碁、井山が勝ち1勝1敗(10月20日)
  • 徳島での新作歌舞伎、来年は中止(10月20日)
  • パパDAIGOが紙おむつCM(10月20日)
  • 三戸なつめ、パッツン前髪を返上(10月20日)
  • 「マスクドットコム」が盛況(10月20日)
  • 映画「鬼滅」主題歌が1位(10月20日)
  • 今日みられてます

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6

    注目トピックス

    カードローン、即日融資

    私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

    阪神タイガースプリント

    紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    競馬G1プリント

    紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    阪神 今日は何の日?

    タイガースが1面を飾った出来事が満載!

    今日は誰の誕生日?

    毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介