ホーム

 文字サイズ

「新春 ジャズの一人祭典!」深見氏のJAZZYな声に酔いしれた

2015年1月21日

名曲を甘く歌い上げる深見東州氏

 まさに、「What a Wonderful World~この素晴らしき世界~」だ。「新春 ジャズの一人祭典!」が15日、東京都中野区の「中野サンプラザホール」で行われ、2000人を超す大観衆はjazzyな夜に酔いしれた。今コンサートは〝進撃の阪神ジャズ歌手〟とも呼ばれる「一般財団法人 東京芸術財団」の会長・深見東州(半田晴久)氏が、その類いまれなビート感覚、スイング感覚、そしてセクシーボイスでジャズのスタンダードナンバーを中心に歌いまくる一大イベント。サッチモことルイ・アームストロングやトニー・ベネットら、ジャズ界の巨人シンガーをも凌(しの)ぐ歌声、さらに「聖者の行進」で場内を練り歩くサービスもあり、深見ファンにとってちょっと遅めのお年玉となった。音響の良さでは都内屈指といわれる、コンサートの殿堂は、小雨の降る寒い夜ながら、最後の最後まで熱気に包まれていた。 

ジャズは退屈だ、分からないという人がいる。だが、深見氏が歌うジャズはある意味、簡単だ。

 あのタモリが自分の番組「ヨルタモリ」という番組で、こう持論を展開していた。「ジャズという音楽はない。ジャズな人がいるだけ。ジャズな人がやる音楽はジャズになる」―と。深見氏は、まさにジャズな人だからだ。だから、どんな歌もジャズになる。そう実感させられた。オペラ歌手として、譜面通りに歌ったと思えば、曲中にスイングしたり、メロディーに変化を与え、フェイクする。まさに、ジャズだ。

 曲ごとに、聞くものを違った世界へといざなった。これまでの「進撃の阪神巨人」シリーズとは違った、また別の世界観をタップリとプレゼントしてくれた。

 柄の入った白いジャケット、黒いパンツ姿で登場した深見氏は「ジャズは真面目に聞きすぎてはダメ。緊張して聞いてはダメですよ。緊張は夏だけです。だって緊張(金鳥蚊取り線香)の夏ですから」とお得意のギャグで、コンサートをスタートさせた。「A列車がダメならB列車で」と重ね、オープニング曲の「Take the A Train~A列車で行こう~」では甘い歌声を会場中にまん延させた。公爵と呼ばれた、あのデューク・エリントンの、軽妙洒脱(しゃだつ)な世界が中野サンプラザに誕生した。

 「責任感があるからセキがでる」。こう笑い飛ばしたが、風邪気味で体調は決して万全ではなかったのかもしれない。いつもの水分補給に加え、栄養ドリンク、風邪薬を飲みながらステージに立った。だが、マイクを握ればいつもの深見氏だった。「前に一人紅白をやって75曲歌ったことがある」というだけのことはあった。

 フランク・シナトラが歌った「Fly Me to the Moon」を乗りのテンポで歌い上げた。さらにはあのエディト・ピアフの持ち歌で、英語版ではルイ・アームストロングが大ヒットさせた「ばら色の人生」を艶のある中低音を響かせ、観客に披露した。

 「慕情」では、香港で病気になり、行った先の病院が映画「慕情」の舞台だったというエピソードで笑わせた。また、コンサートの最後ではテレビアニメの主題歌3曲をジャズやボサノバ風のアレンジでリズムに乗せた。

 さらに、アンコールのラストを飾った「テネシーワルツ」では、観客全員に配られた、紅白餅のような粘りのある歌い方とオーソドックスな歌い方を織り交ぜた。

 私が生まれて初めてジャズのコンサートに行ったのは高校生のときだった。同じ中野サンプラザで行われた、ジョン・コルトレーンと並ぶジャズ・サックスの巨人、ソニー・ロリンズのコンサートに心をときめかせた。その時、彼のサックスから発せられた最初の音を聞いたときの思いに勝るとも劣らない、感動をプレゼントしてくれた。

 もう手遅れだろうが、大好きな「ミスティ」に酔った私も、ジャズな人になりたいと切実に願った。(今野良彦)

 



文化ニュース

  • ジャニーズが仮想アイドル事業(2月19日)
  • 手塚さん直筆、トキワ荘の天井板(2月19日)
  • 藤田嗣治の風景画見つかる(2月18日)
  • 徳島、縄文の「朱」生産遺跡(2月18日)
  • 「取材の自由侵害容認できず」(2月18日)
  • 腕時計が“相棒”の天海祐希(2月18日)
  • 米軍訓練候補の島に遺跡、鹿児島(2月18日)
  • NHK、体操のお兄さん交代へ(2月18日)
  • 東北出身AKBメンバーがPR(2月18日)
  • ボーン・上田賞に朝日、日経記者(2月18日)
  • 内田正人さんが死去(2月18日)
  • キンプリ岩橋さん一部復帰(2月17日)
  • 大阪に講談の拠点が誕生(2月17日)
  • 「シノニムズ」に金熊賞(2月17日)
  • 日本の女性監督作が観客賞(2月17日)
  • 古代史研究の直木孝次郎さん死去(2月17日)
  • 俳優のブルーノ・ガンツ氏死去(2月16日)
  • 将棋の藤井七段、朝日杯2連覇(2月16日)
  • 文化庁、日本遺産をTBSとPR(2月16日)
  • 授賞式の中継省略、反発で撤回(2月16日)
  • 日仏協力、映画の灯守る(2月16日)
  • 米、アカデミー賞で宮崎牛採用(2月16日)
  • ベルリン映画祭、日本作品が表彰(2月16日)
  • ピアニスト、多発性硬化症と公表(2月16日)
  • 英作家アンドレア・レビさん死去(2月16日)
  • 海賊版、継続行為に限り刑事罰に(2月15日)
  • 囲碁、12歳上野梨紗さんプロに(2月15日)
  • 活動停止要求を「無視」と須崎市(2月15日)
  • 山の男役で再出発(2月15日)
  • デイズジャパン発売延期(2月15日)
  • 米国版「君の名は。」実写化へ(2月15日)
  • テレ東、ちぃたん☆放送見合わせ(2月15日)
  • 24日米アカデミー賞は中継省略(2月15日)
  • 新聞週間の標語募集(2月14日)
  • 囲碁、井山が防衛にあと1勝(2月14日)
  • 囲碁、上野が棋聖Cリーグ入り(2月14日)
  • ストレス源は「相方」(2月14日)
  • カズオ・イシグロさんの母死去(2月14日)
  • 「アキナ」の秋山さん結婚(2月14日)
  • 文化庁が「日本遺産の日」制定へ(2月13日)
  • 薬師寺で新舎利容器納めて法要(2月13日)
  • タレントのベッキーさんが結婚(2月13日)
  • 岩佐美咲が新曲ヒット祈願(2月13日)
  • 山崎育三郎、ファミレスCM登場(2月13日)
  • 「寛永通宝」の鋳造所か(2月13日)
  • 内村光良さんに市民栄誉賞(2月12日)
  • 歌手の寺田嘉代さん死去(2月12日)
  • 囲碁、12歳の上野さんプロへ(2月12日)
  • 小島瑠璃子、日本一と大書(2月12日)
  • 青海に重機が大集合(2月12日)
  • 渡辺謙さん、池江選手にエール(2月12日)
  • 「最恐」シスターがPR(2月12日)
  • 「いだてん」視聴率が1桁に(2月12日)
  • 歌手の野口五郎さん、がんで手術(2月12日)
  • 米音楽界、民主党ペロシ氏に喝采(2月11日)
  • 今日みられてます

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6

    注目トピックス

    カードローン、即日融資

    私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

    阪神タイガースプリント

    紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    競馬G1プリント

    紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    今日の星座占い1位:おひつじ座

    周囲との関係が良好で作業が進みそうな日

    阪神 今日は何の日?

    タイガースが1面を飾った出来事が満載!

    今日は誰の誕生日?

    毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介