ホーム

 文字サイズ

「新春 ジャズの一人祭典!」深見氏のJAZZYな声に酔いしれた

2015年1月21日

名曲を甘く歌い上げる深見東州氏

 まさに、「What a Wonderful World~この素晴らしき世界~」だ。「新春 ジャズの一人祭典!」が15日、東京都中野区の「中野サンプラザホール」で行われ、2000人を超す大観衆はjazzyな夜に酔いしれた。今コンサートは〝進撃の阪神ジャズ歌手〟とも呼ばれる「一般財団法人 東京芸術財団」の会長・深見東州(半田晴久)氏が、その類いまれなビート感覚、スイング感覚、そしてセクシーボイスでジャズのスタンダードナンバーを中心に歌いまくる一大イベント。サッチモことルイ・アームストロングやトニー・ベネットら、ジャズ界の巨人シンガーをも凌(しの)ぐ歌声、さらに「聖者の行進」で場内を練り歩くサービスもあり、深見ファンにとってちょっと遅めのお年玉となった。音響の良さでは都内屈指といわれる、コンサートの殿堂は、小雨の降る寒い夜ながら、最後の最後まで熱気に包まれていた。 

ジャズは退屈だ、分からないという人がいる。だが、深見氏が歌うジャズはある意味、簡単だ。

 あのタモリが自分の番組「ヨルタモリ」という番組で、こう持論を展開していた。「ジャズという音楽はない。ジャズな人がいるだけ。ジャズな人がやる音楽はジャズになる」―と。深見氏は、まさにジャズな人だからだ。だから、どんな歌もジャズになる。そう実感させられた。オペラ歌手として、譜面通りに歌ったと思えば、曲中にスイングしたり、メロディーに変化を与え、フェイクする。まさに、ジャズだ。

 曲ごとに、聞くものを違った世界へといざなった。これまでの「進撃の阪神巨人」シリーズとは違った、また別の世界観をタップリとプレゼントしてくれた。

 柄の入った白いジャケット、黒いパンツ姿で登場した深見氏は「ジャズは真面目に聞きすぎてはダメ。緊張して聞いてはダメですよ。緊張は夏だけです。だって緊張(金鳥蚊取り線香)の夏ですから」とお得意のギャグで、コンサートをスタートさせた。「A列車がダメならB列車で」と重ね、オープニング曲の「Take the A Train~A列車で行こう~」では甘い歌声を会場中にまん延させた。公爵と呼ばれた、あのデューク・エリントンの、軽妙洒脱(しゃだつ)な世界が中野サンプラザに誕生した。

 「責任感があるからセキがでる」。こう笑い飛ばしたが、風邪気味で体調は決して万全ではなかったのかもしれない。いつもの水分補給に加え、栄養ドリンク、風邪薬を飲みながらステージに立った。だが、マイクを握ればいつもの深見氏だった。「前に一人紅白をやって75曲歌ったことがある」というだけのことはあった。

 フランク・シナトラが歌った「Fly Me to the Moon」を乗りのテンポで歌い上げた。さらにはあのエディト・ピアフの持ち歌で、英語版ではルイ・アームストロングが大ヒットさせた「ばら色の人生」を艶のある中低音を響かせ、観客に披露した。

 「慕情」では、香港で病気になり、行った先の病院が映画「慕情」の舞台だったというエピソードで笑わせた。また、コンサートの最後ではテレビアニメの主題歌3曲をジャズやボサノバ風のアレンジでリズムに乗せた。

 さらに、アンコールのラストを飾った「テネシーワルツ」では、観客全員に配られた、紅白餅のような粘りのある歌い方とオーソドックスな歌い方を織り交ぜた。

 私が生まれて初めてジャズのコンサートに行ったのは高校生のときだった。同じ中野サンプラザで行われた、ジョン・コルトレーンと並ぶジャズ・サックスの巨人、ソニー・ロリンズのコンサートに心をときめかせた。その時、彼のサックスから発せられた最初の音を聞いたときの思いに勝るとも劣らない、感動をプレゼントしてくれた。

 もう手遅れだろうが、大好きな「ミスティ」に酔った私も、ジャズな人になりたいと切実に願った。(今野良彦)

 



文化ニュース

  • 若き雪舟が描いた作品発見、山口(10月17日)
  • 囲碁、菫初段が男性棋士に3連勝(10月17日)
  • 三船敏郎賞に中井貴一さん(10月17日)
  • 「ボリウッド映画」をPR(10月17日)
  • テレビ朝日、報道番組でやらせ(10月16日)
  • 坂東玉三郎さんらに世界文化賞(10月16日)
  • BPOがフジのオウム特番を審理(10月16日)
  • 宮崎で新聞大会、協会賞授賞式も(10月16日)
  • 将棋の里見、女流全七冠遠のく(10月16日)
  • 関電報道、共同通信に新聞協会賞(10月16日)
  • すしの楽しみ方が変わった(10月16日)
  • 「祇園甲部歌舞練場」耐震改修へ(10月16日)
  • 天海祐希が「ノー膝枕!」(10月16日)
  • 日本三景・松島にも台風被害(10月16日)
  • 自律問題ないとNHK経営委員長(10月15日)
  • 玉三郎さん「光栄です」(10月15日)
  • 「冷凍食品取り入れたい」(10月15日)
  • のれんで江戸のにぎわいを(10月15日)
  • 韓国のアイドル、ソルリさん死亡(10月14日)
  • YOSHIKIさん、被災支援へ(10月14日)
  • 20年春夏の東コレ開幕(10月14日)
  • えびす様がジャンプ披露、和歌山(10月14日)
  • 京アニ「聲の形」上映(10月13日)
  • 表現の不自由展、鑑賞希望が最多(10月13日)
  • 奄美・沖縄の現地調査終了(10月12日)
  • 将棋竜王戦、挑戦者の豊島が先勝(10月12日)
  • 三浦綾子文学館、分館を一新(10月12日)
  • 米俳優のR・フォスターさん死去(10月12日)
  • 四季、リトルマーメイド3千回(10月12日)
  • ノーベル賞作家の本で運賃無料(10月12日)
  • 韓国人気番組にやらせ疑惑(10月12日)
  • ケンシロウ、ツイート読む(10月12日)
  • 軍人広瀬武夫の手紙を公開(10月11日)
  • 上野女流棋聖「世界戦で結果を」(10月11日)
  • 囲碁、挑戦者の許が先勝(10月11日)
  • 文化庁、海賊版対策へ実態調査(10月11日)
  • 名倉潤さん芸能活動復帰(10月11日)
  • 郵政幹部「圧力かけた記憶ない」(10月11日)
  • 比叡山延暦寺の大書院で内覧会(10月11日)
  • ノーベル文学賞ポーランドの力に(10月11日)
  • NYのMoMAが増改築、公開へ(10月11日)
  • ノーベル賞作家「勇気ある決断」(10月11日)
  • 「残念」春樹ファン落胆(10月10日)
  • 仲邑菫初段、国際棋戦で敗退(10月10日)
  • 「4人の妹できた気持ち」(10月10日)
  • 山形で国際映画祭が開幕(10月10日)
  • 木簡再利用の琴柱が出土、滋賀(10月10日)
  • 吉野彰さん少年時の愛読書を増刷(10月10日)
  • 俳優の佐藤仁美さんが結婚(10月10日)
  • 国宝キトラ、手のひら大の石室に(10月10日)
  • 今日みられてます

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6

    注目トピックス

    カードローン、即日融資

    私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

    阪神タイガースプリント

    紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    競馬G1プリント

    紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    阪神 今日は何の日?

    タイガースが1面を飾った出来事が満載!

    今日は誰の誕生日?

    毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介