ホーム

 文字サイズ

「第7回明るすぎる劇団・東州定期公演2016」

2016年05月23日

「残酷―」のエンディングで場内を練り歩く戸渡阿見

「残酷―」のエンディングで場内を練り歩く戸渡阿見

 戸渡阿見(ととあみ)(深見東州)が総合プロデュース、原作、演出、脚本、衣装、音楽、パントマイムと八面六臂(ろっぴ)の活躍をする「第7回 明るすぎる劇団・東州 定期公演2016」が5月14、15の両日、東京都渋谷区の新国立劇場(中劇場)で行われ、抱腹絶倒の中、幕を下ろした。第1回公演からシェークスピア劇団の再来と呼ばれた「明るすぎる劇団・東州」だが、第7回公演を迎え、メッセージ性を強め、さらに円熟味を増してきた。

 

「慈悲と慈愛」あふれるメッセージ

 耳なし芳一が観音に

 セリフの一つ一つに、演技の端々に戸渡阿見(ととあみ)のメッセージがほとばしっていた。両日とも1000人を超す大観衆は、ただ舞台を見上げるしかなかった。

 2007年5月の旗揚げ以来、演劇界の話題をさらい、見る者を「戸渡阿見ワールド」に誘ってきたが今回は、抱腹絶倒の演目の中にも、強い強いメッセージが込められていた。

 最初の演目は「残酷な天使のナットウキナーゼ」。エンディングで戸渡阿見や出演者が総出で「梨」を配り歩く際に歌い上げる「残酷な天使のナットウキナーゼ」は、日本を代表するアニメ「エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」のオマージュだが、劇の内容は濃密だった。

 前世では小泉八雲=ラフカディオ・ハーンの著書「怪談」で登場する耳なし芳一が仏様になり、天使の姿をした観音へとなっていく姿が描かれている。「慈悲と慈愛」。広大無辺な仏の慈悲が詰まっているが、黒の上下に身を包み、サングラス姿の釈迦(しゃか)が登場し、そのウイットに富んだ会話で場内を爆笑の渦に巻き込む。外見は関係ない。どんな姿にも身を替えられるという教えが、こころを打つ作品だ。

 ハリウッドの娯楽大作、インド映画にも負けない踊りや演技に場内一体化

 2つ目の演目「へそ」も、戸渡阿見らしいダイナミックな作品に仕上がっている。劇中、北野武監督が映画「座頭市」のラストで見せたような、ダイナミックなタップダンスが展開されるが、実はこれはインド映画をモチーフにしたような作品だった。

 インド映画を世界で一躍、有名にした「踊るマハラジャ」という作品がある。この映画はヒーローである主人公が意味なく踊りだしたり、どこからともなく馬車で登場したりする。「海賊ブラッド」などで活躍したハリウッドスター、エロール・フリンの活劇仕立てのようだが、戸渡阿見は「それ自体には意味がない。でも、それが面白いところ」と話す。

 確かに、ハリウッドの娯楽大作、インド映画にも負けない踊りや演技に、いつしか場内が一体化していくのも無理はなかった。

 2組のカップルが「へそがへそを曲げた」「へそが茶を沸かす」という、怪奇現象をきっかけに老人に出会い、最後は結婚へとたどり着いていく。「日本の中心は西荻窪」という設定やビッグバン、カシオペアまで登場するという奇想天外なストーリーだ。両作品ともに、戸渡が飛行機の中でひらめいたという作品だというが、この人の発想の豊かさ、才能が詰まった作品だ。

 冴えたパントマイム

 もちろん、これまでの6回の公演同様に、パントマイムも冴(さ)えに冴えた。「残酷な天使のナットウキナーゼ」の前には『甲殻機動隊「カニ」シリーズ』ではサワガニ、越前ガニ、毛ガニ、花咲ガニ、タラバガニを演じ分けた。また、「残酷―」後の『甲殻機動隊「エビ」シリーズ』ではオキアミ、桜エビ、カワエビ、ボタンエビ、シマエビ、オマールエビ、そして伊勢エビまでも自らの肉体を使い、舞台に登場させた。

 かつてアカデミー賞の「作品賞」などに輝いたフランス映画に「アーティスト」がある。サイレント映画の大スターを演じたジャン・デュジャルダンの演技はセリフはなかったものの、その表情、ダンス、体の動きで観客の胸を打った。この日の戸渡阿見のパントマイムは、まさに「アーティスト」、いや、それをもしのぐできだった。



文化ニュース

  • 草間弥生さんが祝幕をデザイン(1月23日)
  • 「ヤマト」は背筋伸びる歌(1月23日)
  • 米歌手がパーキンソン病を告白(1月23日)
  • 「花見以上に楽しめる」(1月23日)
  • ミニーマウス殿堂入り(1月23日)
  • 坪田譲治文学賞に上原正三さん(1月23日)
  • 湊かなえさん、エドガー賞候補に(1月23日)
  • 丸岡いずみさんが代理出産で母に(1月23日)
  • 奈良・大安寺で「笹酒祭り」(1月23日)
  • アフガン難民女性と曲披露(1月23日)
  • ロシア作曲家追悼お別れの会(1月23日)
  • 小学館漫画賞「空母いぶき」など(1月22日)
  • 上島、知事と一線越えた?(1月22日)
  • 「高校時代を思い出した」(1月22日)
  • TBSテレビに是正勧告、労基署(1月22日)
  • OSK、高世麻央さん退団へ(1月22日)
  • 英歌手エド・シーランさん婚約(1月21日)
  • 西郷隆盛の自筆書状を発見(1月21日)
  • 女優ドロシー・マローンさん死去(1月21日)
  • ポール・ボキューズ氏が死去(1月20日)
  • 山崎まさよしさんら北京で公演(1月20日)
  • 米人気歌手、死因は薬物過剰摂取(1月20日)
  • ネット利用、新聞上回る(1月20日)
  • 井山棋聖が先勝(1月19日)
  • 広瀬アリス「殻破った」(1月19日)
  • イーグルス、ホテルと和解(1月19日)
  • 輪島の海女漁など6件指定(1月19日)
  • 女流棋聖戦、挑戦者の上野が先勝(1月19日)
  • 俳優・夏木陽介さん死去(1月19日)
  • 壬生狂言の衣装新調、京都(1月18日)
  • 堀田茜、キットカットPR(1月18日)
  • 新潮社、配信中止を申し入れ(1月18日)
  • 再起の舞台は笑い封印?(1月18日)
  • 東京・赤坂にスナックくまちゃん(1月18日)
  • トランプ政権暴露本、ドラマ化へ(1月18日)
  • 本屋大賞の候補作が決まる(1月18日)
  • 広辞苑「しまなみ海道」説明誤り(1月18日)
  • 芥川賞「おらおら-」12万部に(1月17日)
  • 映画「ジオストーム」PR(1月17日)
  • 宿敵は「中井貴一」と柳沢(1月17日)
  • ミサイル発射とNHK誤報(1月16日)
  • NHK、5年連続の黒字予算(1月16日)
  • 将棋の羽生竜王「初心を忘れず」(1月16日)
  • NHK受信料170億円減免措置(1月16日)
  • 大阪の古墳群、政府が推薦へ(1月16日)
  • 宮崎あおい、新CM発表会に登場(1月16日)
  • 竹内涼真、色気不足?!(1月16日)
  • 長谷川等伯の「烏鷺図屏風」売却(1月16日)
  • 元NHK登坂氏、フジの番組に(1月16日)
  • クランベリーズのボーカル死去(1月16日)
  • 今日みられてます

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6

    注目トピックス

    カードローン、即日融資

    私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

    【無料】デイリー号外アプリ

    完全無料の号外アプリ「デイリースポーツエクスプレス」が登場!プッシュ通知で最新情報をゲット⇒

    阪神タイガースプリント

    紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    競馬G1プリント

    紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    今日の星座占い1位:しし座

    異性との交流が幸運のカギとなる日

    阪神 今日は何の日?

    タイガースが1面を飾った出来事が満載!

    今日は誰の誕生日?

    毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介