ホーム

 文字サイズ

「第7回明るすぎる劇団・東州定期公演2016」

2016年05月23日

「残酷―」のエンディングで場内を練り歩く戸渡阿見

「残酷―」のエンディングで場内を練り歩く戸渡阿見

 戸渡阿見(ととあみ)(深見東州)が総合プロデュース、原作、演出、脚本、衣装、音楽、パントマイムと八面六臂(ろっぴ)の活躍をする「第7回 明るすぎる劇団・東州 定期公演2016」が5月14、15の両日、東京都渋谷区の新国立劇場(中劇場)で行われ、抱腹絶倒の中、幕を下ろした。第1回公演からシェークスピア劇団の再来と呼ばれた「明るすぎる劇団・東州」だが、第7回公演を迎え、メッセージ性を強め、さらに円熟味を増してきた。

 

「慈悲と慈愛」あふれるメッセージ

 耳なし芳一が観音に

 セリフの一つ一つに、演技の端々に戸渡阿見(ととあみ)のメッセージがほとばしっていた。両日とも1000人を超す大観衆は、ただ舞台を見上げるしかなかった。

 2007年5月の旗揚げ以来、演劇界の話題をさらい、見る者を「戸渡阿見ワールド」に誘ってきたが今回は、抱腹絶倒の演目の中にも、強い強いメッセージが込められていた。

 最初の演目は「残酷な天使のナットウキナーゼ」。エンディングで戸渡阿見や出演者が総出で「梨」を配り歩く際に歌い上げる「残酷な天使のナットウキナーゼ」は、日本を代表するアニメ「エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」のオマージュだが、劇の内容は濃密だった。

 前世では小泉八雲=ラフカディオ・ハーンの著書「怪談」で登場する耳なし芳一が仏様になり、天使の姿をした観音へとなっていく姿が描かれている。「慈悲と慈愛」。広大無辺な仏の慈悲が詰まっているが、黒の上下に身を包み、サングラス姿の釈迦(しゃか)が登場し、そのウイットに富んだ会話で場内を爆笑の渦に巻き込む。外見は関係ない。どんな姿にも身を替えられるという教えが、こころを打つ作品だ。

 ハリウッドの娯楽大作、インド映画にも負けない踊りや演技に場内一体化

 2つ目の演目「へそ」も、戸渡阿見らしいダイナミックな作品に仕上がっている。劇中、北野武監督が映画「座頭市」のラストで見せたような、ダイナミックなタップダンスが展開されるが、実はこれはインド映画をモチーフにしたような作品だった。

 インド映画を世界で一躍、有名にした「踊るマハラジャ」という作品がある。この映画はヒーローである主人公が意味なく踊りだしたり、どこからともなく馬車で登場したりする。「海賊ブラッド」などで活躍したハリウッドスター、エロール・フリンの活劇仕立てのようだが、戸渡阿見は「それ自体には意味がない。でも、それが面白いところ」と話す。

 確かに、ハリウッドの娯楽大作、インド映画にも負けない踊りや演技に、いつしか場内が一体化していくのも無理はなかった。

 2組のカップルが「へそがへそを曲げた」「へそが茶を沸かす」という、怪奇現象をきっかけに老人に出会い、最後は結婚へとたどり着いていく。「日本の中心は西荻窪」という設定やビッグバン、カシオペアまで登場するという奇想天外なストーリーだ。両作品ともに、戸渡が飛行機の中でひらめいたという作品だというが、この人の発想の豊かさ、才能が詰まった作品だ。

 冴えたパントマイム

 もちろん、これまでの6回の公演同様に、パントマイムも冴(さ)えに冴えた。「残酷な天使のナットウキナーゼ」の前には『甲殻機動隊「カニ」シリーズ』ではサワガニ、越前ガニ、毛ガニ、花咲ガニ、タラバガニを演じ分けた。また、「残酷―」後の『甲殻機動隊「エビ」シリーズ』ではオキアミ、桜エビ、カワエビ、ボタンエビ、シマエビ、オマールエビ、そして伊勢エビまでも自らの肉体を使い、舞台に登場させた。

 かつてアカデミー賞の「作品賞」などに輝いたフランス映画に「アーティスト」がある。サイレント映画の大スターを演じたジャン・デュジャルダンの演技はセリフはなかったものの、その表情、ダンス、体の動きで観客の胸を打った。この日の戸渡阿見のパントマイムは、まさに「アーティスト」、いや、それをもしのぐできだった。



文化ニュース

  • 若き雪舟が描いた作品発見、山口(10月17日)
  • 囲碁、菫初段が男性棋士に3連勝(10月17日)
  • 三船敏郎賞に中井貴一さん(10月17日)
  • 「ボリウッド映画」をPR(10月17日)
  • テレビ朝日、報道番組でやらせ(10月16日)
  • 坂東玉三郎さんらに世界文化賞(10月16日)
  • BPOがフジのオウム特番を審理(10月16日)
  • 宮崎で新聞大会、協会賞授賞式も(10月16日)
  • 将棋の里見、女流全七冠遠のく(10月16日)
  • 関電報道、共同通信に新聞協会賞(10月16日)
  • すしの楽しみ方が変わった(10月16日)
  • 「祇園甲部歌舞練場」耐震改修へ(10月16日)
  • 天海祐希が「ノー膝枕!」(10月16日)
  • 日本三景・松島にも台風被害(10月16日)
  • 自律問題ないとNHK経営委員長(10月15日)
  • 玉三郎さん「光栄です」(10月15日)
  • 「冷凍食品取り入れたい」(10月15日)
  • のれんで江戸のにぎわいを(10月15日)
  • 韓国のアイドル、ソルリさん死亡(10月14日)
  • YOSHIKIさん、被災支援へ(10月14日)
  • 20年春夏の東コレ開幕(10月14日)
  • えびす様がジャンプ披露、和歌山(10月14日)
  • 京アニ「聲の形」上映(10月13日)
  • 表現の不自由展、鑑賞希望が最多(10月13日)
  • 奄美・沖縄の現地調査終了(10月12日)
  • 将棋竜王戦、挑戦者の豊島が先勝(10月12日)
  • 三浦綾子文学館、分館を一新(10月12日)
  • 米俳優のR・フォスターさん死去(10月12日)
  • 四季、リトルマーメイド3千回(10月12日)
  • ノーベル賞作家の本で運賃無料(10月12日)
  • 韓国人気番組にやらせ疑惑(10月12日)
  • ケンシロウ、ツイート読む(10月12日)
  • 軍人広瀬武夫の手紙を公開(10月11日)
  • 上野女流棋聖「世界戦で結果を」(10月11日)
  • 囲碁、挑戦者の許が先勝(10月11日)
  • 文化庁、海賊版対策へ実態調査(10月11日)
  • 名倉潤さん芸能活動復帰(10月11日)
  • 郵政幹部「圧力かけた記憶ない」(10月11日)
  • 比叡山延暦寺の大書院で内覧会(10月11日)
  • ノーベル文学賞ポーランドの力に(10月11日)
  • NYのMoMAが増改築、公開へ(10月11日)
  • ノーベル賞作家「勇気ある決断」(10月11日)
  • 「残念」春樹ファン落胆(10月10日)
  • 仲邑菫初段、国際棋戦で敗退(10月10日)
  • 「4人の妹できた気持ち」(10月10日)
  • 山形で国際映画祭が開幕(10月10日)
  • 木簡再利用の琴柱が出土、滋賀(10月10日)
  • 吉野彰さん少年時の愛読書を増刷(10月10日)
  • 俳優の佐藤仁美さんが結婚(10月10日)
  • 国宝キトラ、手のひら大の石室に(10月10日)
  • 今日みられてます

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6

    注目トピックス

    カードローン、即日融資

    私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

    阪神タイガースプリント

    紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    競馬G1プリント

    紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    阪神 今日は何の日?

    タイガースが1面を飾った出来事が満載!

    今日は誰の誕生日?

    毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介