文字サイズ

ケイバ熱盛ブログ「素質馬が条件戦から再スタート」(7月22日)

 どうも、面白くない記者の小林です。今週は新潟、函館の変則2場開催で重賞はアイビスSDのみ。夏のローカルムードが漂っており、美浦トレセンで取材対象馬の成績をチェックしていても、馬柱にG1出走歴のある馬はまれだ。そんな中で目に止まったのはランドオブリバティの名前。新馬戦-芙蓉Sと連勝。逸走して競走中止となったものの、G1・ホープフルSでも2番人気に推された素質馬が、2勝クラスの糸魚川特別に出走する。

 競馬に絶対はなく、何が起こるか分からないのが競馬。それでも「勝つだろう」と思わせるほど、V条件はそろっている。斤量54キロに加え、内回りと外回りの違いがあるとはいえ、コースは新馬戦を勝った新潟。普段はそこまで強気な発言をしない鹿戸師も「条件戦ですし、普通に走ってくれれば能力は違うと思っています」とVを意識する。気になる点と言えばG1で逸走した経緯。それについても指揮官は「もともとケイコでは難しいところを出していないですから」と問題視していない。好勝負は間違いない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ケイバ熱盛ブログ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ケイバ熱盛ブログ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス