文字サイズ

【地方競馬】地元馬ゼットパールがJRA交流を制覇 直線の一騎打ちを制して淀川特別V

 JRA勢を退けて淀川特別を制したゼットパール(左)=撮影・中山伸治
 JRA交流・淀川特別を制したゼットパールと関係者(撮影・中山伸治)
2枚

 「JRA交流・淀川特別」(25日、園田)

 開催4日目の11Rで、JRA6頭、地元6頭の計12頭により、距離1400メートルで争われた。1番人気の地元馬ゼットパールが直線で先に抜け出し、外から猛追する9番人気でJRA所属のベルクハイムを頭差で退けて制した。3着には4番人気で地元のサトノグランが続いた。

 レースはJRAのワルツフォーデビーが逃げて、ゼットパールは5番手。内に進路を取っていたゼットパールは3角から進出。4角を回ると外へ持ち出し、後続の追い込みに耐えて粘った。

 コンビを組んだ下原理は「もまれるとハミを取らないのに、それでも勝つのは能力。3角でヤバいと思い、直線で他の馬がやって来る音が聞こえたらゴールだった」と振り返る。管理する田中一師は「きょうは胃が痛かった。レースでの動きがいいので『ええなあ』と思って見ていたが…」と愛馬の勝利に安どしていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

注目レースプレイバック最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス