文字サイズ

【地方競馬】エイシンニシパが新春賞4連覇 兵庫競馬の最多重賞勝利数を14に更新

新春賞4連覇を成し遂げたエイシンニシパと吉村智洋騎手(右から2人目)、橋本忠明調教師(同3人目)=撮影・中山伸治
激戦を制して新春賞4連覇を達成したエイシンニシパ(左から2頭目)=撮影・中山伸治
スタンド前に集まったファンの声援に応えるエイシンニシパと鞍上の吉村智洋(撮影・中山伸治)
3枚

 「新春賞」(3日、園田)

 9歳の古豪エイシンニシパが新春賞4連覇で同一重賞V5を成し遂げ、自身が保持する兵庫競馬の最多重賞勝利数を14に更新した。圧倒的な1番人気は道中5番手から、ゴール前の激戦を僅差で制した。2着は首差で5番人気のエイシンガネーシャ、3着には2番人気のコスモバレットが入った。

 2022年の走り初めからエイシンニシパが大記録を樹立した。「ありがとう、という気持ち。毎年、肝心なところをチョロッと(の差)で勝ってくれる」と鞍上の吉村智。管理する橋本明師も「すごい馬。それしかない。毎年、着差がなくても勝ってくれる」と絶賛した。

 対戦相手の包囲網が厳しく、レース展開は想定外。「逃げの後ろを狙っていたのに、それより後ろでまずいと思った」と鞍上。向正面でエイシンデジタルがまくり気味に仕掛けると、展開はさらにもつれた。「ガソリンがなくなると思った。でも、いつもゴール前で(の分を)残してくれている」と、吉村智は相棒の勝負根性を信じてムチを入れた。

 次走は地方全国交流重賞のはがくれ大賞典(3月27日・佐賀)を予定。「あそこもニシパは好きで、記録が懸かっている」と指揮官。今度は同重賞の最多勝利数を4に塗り替える。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス