文字サイズ

【地方競馬】プリンシアコメータがエンプレス杯制覇 

 エンプレス杯を制したプリンシアコメータ=川崎競馬場
エンプレス杯を制したプリンシアコメータ(右)
プレゼンターをつとめた杉山愛さん(左)と稲村亜美さん(右) 中央は岩田康誠騎手=川崎競馬場
3枚3枚

 「エンプレス杯・Jpn2」(27日、川崎)

 開催3日目の11Rで行われ、2番人気のプリンシアコメータが、先行して2周目3角では先頭に立つ強気の競馬で完勝。2着には8番人気のブランシェクールが中団待機から突っ込み、1番人気のビスカリアは早めに動いて勝ち馬を捕らえに行ったが、3着に粘るのがやっとだった。

 昨年は1番人気で2着に敗れたプリンシアコメータが、昨春以来の岩田とのコンビ復活で、3個目の牝馬交流重賞タイトルを奪取した。「ハナを切る指示だったけど、行く馬がいたのであの位置。コーナーもリラックスして回れたし、直線でゴーサインを出したら、もう1回踏ん張ってくれた」と殊勲の岩田は相棒をたたえた。

 矢野英師も「うまく流れに乗って、いい競馬をしてくれました」と振り返った。今後については「馬の状態を見ながら。去年と同じようなローテになるのでは」と、6歳になった今年も牝馬交流重賞戦線をにぎわす存在になりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    注目レースプレイバック最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス