文字サイズ

【ホープフルS馬体診断】ブルーミングスカイ

 「ホープフルS・G1」(28日、中山)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

 【ブルーミングスカイ 評価C】 前走が464キロのディープインパクト産駒だが、まだ骨格に見合った筋肉がついていない。キ甲が抜けておらず、トモがこぢんまりとした尻高の体形。まだ前が強いバランスで、線の細さは否めない。まだまだこれからの馬といった印象だが、それでも余分な脂肪のない筋肉質の馬体。大きいストライドは資質の高さの証明だが、スピードの持続力を踏まえればコーナー4つの競馬は合っている印象だ。現段階の完成度でC評価としたが、持ち味を生かす戦法なら面白い。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒7-38秒8-12秒1(一杯)。3頭併せを行い、好タイムで最先着を果たした。以前に比べると反応が良く、瞬発力も徐々に身についてきている印象がある。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    馬体診断最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス