文字サイズ

【凱旋門賞】連覇の女王トレヴ引退

 「凱旋門賞・仏G1」(5日、ロンシャン)

 またしても日本勢の前に女王トレヴが立ちはだかった。今年は3戦未勝利と不振にあえいでいたが、終わってみれば2馬身差の完勝。連覇は77‐78年アレッジド以来、牝馬では36‐37年コリーダ以来、実に77年ぶりの快挙となった。

 馬上で歓喜の涙を流したジャルネは凱旋門賞最多タイの4勝目。「ここでの競馬はスピードよりも圧倒的に戦術がモノを言う」と胸を張った。一夜が明けた6日、ヘッド師は「もうこれ以上、走ることはない」と現役引退を表明。オーナー所有の牧場で繁殖入りすることが決まった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

主要ニュース

ランキング(凱旋門賞特集)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス