文字サイズ

【競輪】ニコ生「イー新聞チャンネル」に注目 競輪雑談に車券的中のヒントあり

配信中のニコニコ生放送「イー新聞チャンネル」(出演者は左から)町田洋一、潮田ひかる、長谷川満、橋本悠督、木三原さくら
ニコニコ生放送「イー新聞チャンネル」の出演者(左から)町田洋一、潮田ひかる、長谷川満、橋本悠督、木三原さくら
ニコニコ生放送「イー新聞チャンネル」の出演者(左から)潮田ひかる、橋本悠督、木三原さくら
3枚3枚

 「レース記者コラム・仕事 賭け事 独り言」

 記者は最近、ニコニコ生放送「イー新聞チャンネル」に出演する機会が多い。視聴者から厳しい声をいただくことがよくあるが、各地の競輪場で場内をウロついていると「いつも見てます」「頑張ってください」などと声をかけられることも多くなった。「ネットの力はすごい」と実感させられる。

 9日まで開催された前橋競輪「G1・第26回寛仁親王牌・世界選手権トーナメント」でも、シリーズを通してニコニコ生放送「イー新聞チャンネル」は配信された。いつもはMC2人にスポーツ紙や専門紙の記者などが入れ替わりで登場し、レースの予想、解説などを中心の内容だが、今回の前橋競輪は豪華。トークショーで来場したグラビアアイドル、大相撲の親方、お笑いライブでやってきた芸人なども出演。地元の競輪選手も登場するなど、放送席はかなりにぎやかだった。

 統括の町田洋一さんは言う。「最初は『ニコ生なんて(車券の)売り上げに貢献しないでしょ』とか言われてましたけど、最近はそういったことを言われなくなりましたね」。確かに記者も半信半疑だった。視聴者が出演者とのやりとりに夢中になってしまって、車券を買う暇がなくなる…と。

 でも、そんなことはなかった。出演者に拾われようと一生懸命に書き込む視聴者も、きっちり車券を購入しているのだ。その成果があるからこそ、各地の競輪場がニコニコ生放送を配信するようになってきた。

 視聴者とダイレクトにやりとりできることは、出演者にとってもプラス。MCを務める長谷川満さん、橋本悠督さんも視聴者とうまく会話をしながら、車券推理に励んでいる。記者も出演時には選手のエピソードや裏話を披露。そこから車券のヒントを伝えている…つもり。

 統括の町田さんは「イー新聞チャンネルでしか言えないこともありますからね。しっかり視聴していれば(車券的中の)ヒントはあるはずですよ」と胸を張る。ゆる~い雰囲気のニコニコ生放送「イー新聞チャンネル」だが、車券推理の参考には欠かせない存在になっているようだ。(関西競輪担当・森田新吾)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    レース記者コラム最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス