文字サイズ

谷原柚希さん「馬の走りを邪魔しない騎手に」藤田菜七子に憧れ 千葉県出身の15歳

 2022年度のJRA競馬学校・騎手課程41期生の入学式が28日、千葉県白井市の同校で行われた。当初は5日の式を予定していたが、学校関係者が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたため延期。約3週間遅れの入学となった。22年度は166人の応募の中から、女子2人を含む9人が合格。順調なら25年3月にデビューする。

 千葉県出身の谷原柚希(たにはら・ゆずき)さん(15)は、小学4年生の頃にデビューした藤田菜七子の騎乗に目を奪われた。「女性でも騎手になれることを知ったと同時に、男性社会の中でも活躍されている姿を見て憧れました」。初めての厩舎作業に不安を覚えながらの入学にも、楽しみな気持ちが勝る。「人間としても騎手としても尊敬されて、どのような馬でもその馬に合わせた乗り方で、馬の走りを邪魔しない騎手になりたいです」と瞳を輝かせていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス