文字サイズ

【競輪】タレントの開坂映美が直前にGP推理「推しは佐藤慎太郎さんですが…」

 KEIRINグランプリは宿口陽一を本命に指名した開坂映美
 推し選手のユニホームと同じ水着で着用して自撮りした開坂映美
2枚

 タレントでけいマルガールズの開坂映美(28)は昨年、デイリースポーツでKEIRINグランプリシリーズ(平塚)の予想を担当。推し選手と同色の水着を身にまとって、徹底的に推理した。ただ、ガールズ、ヤング、KEIRINグランプリと3つともハズレ。そのリベンジとばかりに、自撮り写真とともに、KEIRINグランプリ2021(30日・静岡)直前にデイリースポーツオンラインで推奨選手を披露する。

 21日にリモート記者会見で並びが発表され、(9)清水裕友(山口)-(1)松浦悠士(広島)、(2)郡司浩平(神奈川)-(5)佐藤慎太郎(福島)-(6)守沢太志(秋田)、(7)吉田拓矢(茨城)-(8)宿口陽一-(3)平原康多(ともに埼玉)と3つのラインができ、(4)古性優作(大阪)は単騎で戦うことになった。

 開坂は「並びが発表される前は平原康多選手を本命にしていました」と前置きした後に「悩みに悩んで本命は宿口陽一選手にします」と考えた末の結論を明かした。

 理由は「G1を獲ってからぐんぐん調子を上げていますし、吉田拓矢選手が前で積極的なレースをしそうです。そして、後ろには番手の仕事をしっかりこなす平原選手。恵まれた並びになったこともあり、宿口選手を選びました」とアツく語った。

 早くもゴール前を想定しており「最終4コーナーはかなり大接戦にはなると思いますが、宿口選手が番手から突き抜けてくることに期待しています」と推理。8番車のユニホームと同じピンクの水着で自撮り写真を公開した。

 最後に「ずっと推しているのは佐藤慎太郎選手です。それは公言していますからね。3連単は5から総流し(56点)も買いますよ」と付け加えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス