文字サイズ

元祖二刀流 アグネスデジタル死す 芝&ダートでG1制覇

 02年のフェブラリーSを制したアグネスデジタル
 マイルCSを制したアグネスデジタル=2000年11月
 天皇賞・秋を制したアグネスデジタルと四位=01年10月
3枚

 アグネスデジタルが死んだことが分かった。8日、ジャパン・スタッドブック・インターナショナルが発表した。24歳だった。

 同馬は99年9月12日阪神でデビュー。芝&ダートの元祖二刀流として活躍し、00年マイルCSでG1初制覇。01年には交流G1・南部杯を制すると、続く天皇賞・秋ではテイエムオペラオーを撃破した。同年香港Cで海外G1初制覇を飾り、02年にはフェブラリーSを制覇した。

 03年安田記念でG1・6勝目を挙げた後は勝ち星に恵まれず、同年有馬記念9着を最後に引退した。

 管理した白井寿昭元調教師は「ビックリしました。アメリカで当歳の時に自分で見つけてきた馬。芝とダートのG1を勝ってくれて、いろんな思い出をつくってくれました。おとなしい馬で、海外とかでも動じることはありませんでしたね。残念です」としみじみと語った。

 主戦騎手だった四位洋文調教師は「残念ですね。アグネスデジタルには、いろんな景色を見せてもらいました。ドバイにも行かせてもらったし、香港では勝たせてもらったし。芝もダートも走った素晴らしい馬でした。本当に感謝ですね。僕も調教師として、デジタルのようなオールラウンダーな馬を育てたいなと思います」とコメントした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス