文字サイズ

サウジ遠征の菜七子が帰国 「いつか私も日本馬と海外のレースに出たい」

 藤田菜七子騎手(23)=美浦・根本=が22日夜、サウジアラビアから帰国した。国際騎手招待のインターナショナル・ジョッキーズチャレンジに初出場。4戦が行われ、初戦で2着に入るなど、14騎手中4位タイだった。「レースに乗った馬は、しっかりとつくられているという印象を受けました」と振り返った。

 現地では外にも出られず、ホテルと競馬場の往復だったという。「移動中はずっと砂漠ばかり。首都のリヤドに行けば、もっと栄えていると思うんですけど、観光とかは一切できなかったので分かりません」と話した。

 自身にとって海外は5カ国目。これまで招待競走ばかりで、日本馬も遠征している状況下は初めてだった。調教で騎乗したピンクカメハメハがサウジダービーを制覇。「間近で日本馬が勝つところも見ることができました。いつか私も日本馬と海外のレースに出たいなとも思いましたし、憧れのようなものを抱きました。今回の経験をまた生かしていきたいと思います」と前を向いた。

 コロナ禍のため、今後は2週間の自主隔離に入り、3月10日から調教騎乗を再開。競馬には3月13日から復帰する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス