文字サイズ

【POG】ディープ産駒の大物シテフローラルは18日東京デビュー(美浦発)

 競馬新聞「馬サブロー」が誇るPOGマスター、木村拓人(美浦)と塩手智彦(栗東)がお送りするPOG情報。これからのデビューに向けて準備を進める若駒を中心に東西のトレセンでつかんだ情報をお伝えします。

 秋華賞、菊花賞が近づいてきました。ともに無敗の2冠馬が注目を集めていますが、果たして2頭の三冠馬が誕生するのか?ひねくれ者の筆者はきっと違う馬に本命を打っているような気がします(笑)。でも楽しみですね。京都はこの開催を最後にスタンド改修に入りますし、できることなら現地でその走りを見てみたいものですが、このご時世ですから仕方ありません。抽選で入られる方は存分に歴史的瞬間を味わってほしいです。

 先週3日は2歳OPの芙蓉Sが行われ、ランドオブリバティ(牡、鹿戸)が力強く抜け出して2連勝を飾りました。かなりインパクトが強い内容で、これは先々が楽しみになりましたね。次走は未定ですが、クラシック候補が現れました。2着のアランデル(牡、大竹)も次走は未定。NF天栄に放牧に出されました。この芙蓉Sは中山の芝2000mになってから出世レースになっていますし、今後も期待できそうです。

 サフラン賞を勝ったサトノレイナス(牝、国枝)はレースぶりがさらに良くなっていましたね。POGドラフト会議で抽選負けしたのが非常に悔やまれます…。次走は阪神JFを目標とのこと。

 10月4日、中山・芝1800mの新馬戦を見事に逃げ切ったタイトルホルダー(牡、栗田)は、小さい体で有名になったメロディーレーンの半弟として注目を集めていましたが、非常に先が楽しみになる勝ち方をしてくれましたね。次走は東スポ杯2歳Sに戸崎圭が継続して騎乗するとのこと。また、札幌で初勝利を挙げていたククナ(牝、栗田)はアルテミスSを目標に美浦に帰厩しました。

 新馬戦組では、サトノクラウンの半弟シテフローラル(牡、堀、父ディープインパクト、母ジョコンダ2)は10月18日の東京・芝1800mへ。鞍上は石橋脩。グレートマジシャン(牡、宮田、父ディープインパクト、母ナイトマジック)は11月1日、東京・芝1800mを予定。鞍上はルメール。(馬三郎美浦支局・木村)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス