文字サイズ

今夏注目!“マリアライト一族” 日曜福島9Rに全妹エリスライトが登場

 先週の宝塚記念はクロノジェネシスが圧勝。19年のリスグラシューに続き、牝馬が2連覇を飾った。久保田師が口を開く。「今は女の時代だよ」。思い起こせば4年前-。ドゥラメンテ、キタサンブラックといった並み居る強豪牡馬を、マリアライトが蹴散らした16年宝塚記念から『女の時代』が始まったのかもしれない。

 今週日曜の福島9R・南相馬特別には、マリアライトの全妹エリスライトが登場する。近2戦が2・3着。2度の骨折などで出世は遅れたが、5歳を迎えてようやく軌道に乗ってきた。姉も管理した久保田師は「気性の難しいところはあるけど、以前と比べてカイ食いとかは良くなっている。このクラスなら何とかしないと」と意気込む。鞍上に名手レーンを配して必勝態勢。みちのくの地から偉大な姉の背中を追いたい。

 そして、マリアライトの初子オーソクレース(牡2歳、父エピファネイア)もデビュー間近だ。現在は放牧中だが、7月半ばに札幌競馬場に入厩して、札幌デビューを目指す予定。「まだ子どもっぽくて母の面影はあまりないけど、厩舎ゆかりの血統だし、楽しみな馬ですよ」と指揮官は目を細める。今夏は“マリアライト一族”から目が離せない。(デイリースポーツ・刀根善郎)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス