文字サイズ

【宝塚記念】サートゥルナーリア4着 ルメール「距離と馬場」

 「宝塚記念・G1」(28日、阪神)

 上半期最後のひのき舞台で、トップスターに輝いたのは2番人気のクロノジェネシス。レース史上最大となる6馬身差の圧勝劇で、G1馬8頭が顔をそろえた豪華な一番を締めくくった。2着は6番人気のキセキ、3着は12番人気のモズベッロ。1番人気のサートゥルナーリアは4着に敗れた。

 9Rと10Rのはざまに襲ってきた強烈なスコール。サートゥルナーリアにとっては、まさに涙雨となってしまった。自慢の瞬発力とスタミナを奪われ、栄光へと突っ走る勝ち馬との差が、絶望的に開いていく。2秒1差4着。上がり3Fタイムは、キャリアで最も遅い37秒6だ。

 「距離と馬場です。2200メートルはギリギリ。ベストは2000メートルでしょう。いい位置を取れずに後ろになってしまったのは仕方ない。良馬場なら、もっといい競馬ができたと思います」。引き揚げてきたルメールは言葉を絞り出した。

 1番人気に応えられず、角居師は「状態は悪くありませんでしたが、馬場が重く、馬込みに押し込まれて苦しい競馬に。ロードカナロアが出てきたのか(距離も)長く感じました」と振り返った。複合的な要素が重なっての敗戦。翼を休めて逆襲の秋へ。最も輝ける場所で頂点を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス