文字サイズ

岩田康が負傷後初めて栗東へ 「一日でも早い復帰を目指して」現在はリハビリに励む

 4月26日に京都1Rで落馬し、ろっ骨骨折、右上腕部骨折、肺気胸と診断された岩田康誠騎手(46)=栗東・フリー=が29日、負傷後初めて栗東トレセンを訪れた。

 全治4、5カ月の診断で現在はリハビリに励む日々。「すごいケガだったけど、脳や神経は傷ついていない。馬が守ってくれたんだと思う。自分を見つめ直す時間にしたい。一日でも早い復帰を目指して体を動かしています」と現状を報告した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス