文字サイズ

大江原さん、菜七子目指す「男性の中で活躍かっこいい」 JRA27年ぶり3人娘誕生

 笑顔でピースサインをつくる(左から)大江原比呂さん、小林美駒さん、河原田菜々さん
2枚

 菜七子に続け!JRA競馬学校・騎手課程39期生の入学式が7日、千葉県白井市の同校で行われ、大江原比呂さん(15)、河原田菜々さん(15)、小林美駒さん(15)の女子3人を含む8人が、未来のスター騎手を目指すべく門をくぐった。女性3人の入学は「花の12期生」(田村真来、細江純子、牧原由貴子)以来27年ぶり。2023年のデビューを目指し、夢と希望にあふれる3年間の学校生活をスタートさせた。

 多くのスター騎手を送り出した正門をバックに、まだあどけなさの残る笑みを咲かせた。1次試験応募者125人中、合格者8人という狭き門を突破した大江原比呂さん。「藤田菜七子騎手が努力して、男性の中で活躍する姿がかっこ良かった」と競馬の世界へ入るきっかけを語った15歳が、ニューヒロインへの第一歩を踏み出した。

 祖父は元ジョッキーでもある大江原師、父は藤沢和厩舎で調教助手を務める勝さんという競馬ファミリー。幼少の頃から体操を始め、小学5年生の時には全国大会のメンバーに選ばれた。それと同時期に乗馬を始めると、こちらもメキメキと上達。持ち前の身体能力を生かし、JRAが騎手養成のため発足した「ジュニアチーム」選抜試験にも同世代で唯一、合格している。式後の会見では「たくさんの人に応援してもらい、トップジョッキーに負けない騎手になりたい」と将来像を描いた。

 父の勝さんは「この世界で楽しいこともうれしいことも、もちろん大変さも知っています。父親としては不安が大きいのですが、親として子どもの夢を全力で応援してサポートしたい」と感無量の表情。祖父の大江原師は「下半身がしっかりしてバネがある。お前の武器だからそれを生かせよと言いました」とアドバイスを送ったことを明かした。

 「これからつらいことがたくさんあって、諦めたくなることもあるかもしれないけど、この気持ちを忘れず頑張りたい」と比呂さんはつぶらな瞳を輝かせた。視線は常に前。3年後のデビューを目指して、日々精進していく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス