文字サイズ

【ボート】坂口アクシデントも3着 ぶっつけ新ペラ交換

 「ボートレースクラシック・SG」(22日、平和島)

 吉川元浩(47)=兵庫・79期・A1=がエース13号機のパワーを遺憾なく発揮してイン逃げで圧倒。西島義則(1997、98年)に次ぐ史上2人目のクラシック連覇を達成して、優勝賞金3900万円を獲得した。SG優勝は昨年5月オールスター(福岡)以来で4回目。2着は2周1Mを先取りした吉川昭男、3着は坂口周だった。

 坂口がアクシデントに見舞われながらも3着に踏ん張った。7R終了後、試運転のためボートを昇降機に載せた際にペラを破損。SG初優出の晴れ舞台は、ぶっつけで新ペラ交換となった。「架台に引っかけてしまった。20数年の選手生活で、こんなに悔やんだことはない。逆に開き直って走れた部分もあるけど」と複雑な表情を見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス