文字サイズ

96年の年度代表馬サクラローレルが死ぬ

 1996年の天皇賞・春と有馬記念を制し、G1・2勝を挙げたサクラローレル(牡29歳)が24日朝、老衰のためけい養先の北海道新ひだか町の新和牧場で死んだことが分かった。同牧場のフェイスブックで発表された。

 同馬は94年1月に美浦・境勝太郎厩舎からデビューし、95年1月に金杯で重賞初V。96年の天皇賞・春でG1初制覇を決めた。同年の天皇賞・秋は3着に敗れるも、続く有馬記念を快勝し、この年の年度代表馬と最優秀5歳以上牡馬(当時)を受賞した。翌年は境勝師の定年により、小島太厩舎へ転厩。天皇賞・春2着から凱旋門賞を目指してフランス遠征を行ったが、9月の前哨戦のフォワ賞で右前脚の屈腱不全断裂を発症して8着に敗戦。これが現役最後のレースとなった。

 種牡馬としては02年京成杯を制したローマンエンパイアや、04年鳴尾記念など重賞3勝を挙げたサクラセンチュリーを輩出。12年に種牡馬を引退し、余生を新和牧場で過ごしていた。

 同牧場の谷岡毅場長は「多くのファンに愛された馬でしたので、非常に残念です。ファンの方から頂いたリンゴを一口でほお張る様子が懐かしいです。会いに来てくださいました多くのファンの方々、応援してくださった方々には、この場を借りてお礼申し上げます」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス