文字サイズ

【競輪】慎太郎初賞金王 苦難乗り越え1億円ゲット!勝負服には「デイリー」ロゴ

 「KEIRINグランプリ2019」(30日、立川)

 デイリーロゴを胸に戦う佐藤慎太郎(43)=福島・78期・SS=がグランプリ初制覇。新田祐大(福島)マークから直線強襲で、賞金1億340万円を獲得し、初めて賞金王に輝いた。打鐘からカマして4角で出切った脇本雄太が2着、最終3角過ぎから内を突き、直線で外を鋭く伸びた平原康多が3着に入り、3連単は14万円超の高配当で決着した。

 “ヨッシャー”。デイリーロゴを胸に付け、ファンの声援を力にして、13年ぶりのグランプリに臨んだ佐藤。5回目の挑戦でグランプリ初優勝。令和元年の賞金王に輝いた。

 「新田が最高のレースをしてくれた。自分の仕事はSを取ること。あとは新田の判断で走ってくれた」と全幅の信頼を寄せるパートナーの労をねぎらった。

 福島勢は脇本のカマシに飛び付く作戦を選択。新田は最終1角で脇本後位の村上をさばくと、最終3角から番手まくりを敢行。逃げる脇本が合わせると、新田後位で脚をためていた佐藤は直線で差し脚を爆発。踏み直す脇本をしっかりとらえて、栄光のゴールを駆け抜けた。

 「ファンの方が『慎太郎、慎太郎』って叫んでくれた。それでビジョンを見たら自分を映していたので優勝を確認できた」と振り返った。

 13年ぶりのグランプリ出場まで道のりは苦しいことの連続だった。2008年5月の全プロ記念で落車。くるぶしを骨折し、思い通りに走れなくなった。11年3月11日の東日本大震災後は練習環境が大きく変わった。それでも「もう一度グランプリに出る」という信念だけはぶれなかった。

 「弱くなっている時期でも応援してくれるファンや関係者がいてくれたおかげで諦めることがなかった。泣きたいくらいうれしいけど、後輩にいじられるし我慢します」とちょっぴり強がった。

 来年は賞金王の証しである1番車での戦いが待っている。「来年もグランプリに乗れるように一日一日頑張るだけ」と気合十分。次の目標は03年11月の全日本選抜以来となるG1制覇だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス