文字サイズ

【競輪】松浦G1初V!初GP決めた “打倒・清水”の努力実った

 「競輪祭・G1」(24日、小倉)

 松浦悠士(29)=広島・98期・S1=がG1初優勝。番手に飛び付いて最終2角からまくった清水裕友を追走からゴール前で差し切り、デビューから9年4カ月でG1タイトルをゲット。KEIRINグランプリ2019(12月30日・立川)出場も決めた。2着は清水、3着には諸橋愛が入った。

 悲願のG1タイトルホルダーとなった松浦。準決同様に決勝も清水の番手から直線で抜け出して1着。ガッツポーズで場内の大声援に応えた。「清水君とのワンツーでうれしい。いろんな人の支えで優勝できた。特に家族には感謝したい」と喜びをかみしめた。

 大きく飛躍した今年。転機を与えてくれたのも清水だった。「去年の防府記念(決勝)で清水君に離れてしまった。自分の中ではそれまでの成績で満足していた部分を切り替えて、清水君みたいな脚がないとダメだと思ってやってきた。それで清水君を抜けたし、やってきたことは正しかった」と努力が実を結び、一流から超一流のレーサーに変貌を遂げた。

 今開催は初出場が懸かるグランプリ(12月30日・立川)へ賞金ランク9位の状況で参戦。結果次第ではグランプリ出場を逃してしまうプレッシャーの中、1次予選を3、1着でまとめ、ダイヤモンドレース出場と共に準決勝進出。「一番緊張した」と言う準決も清水マークから差し切って1着。「完走すれば当確。緊張感なく走れた」と決勝も最高の結末で締めくくった。

 ボーダー上だった男が堂々とG1タイトルを手にして年末の大一番へ向かう。「出るだけが目標じゃない。また清水君とワンツーができるように」と立川でも清水との好連係で1億円獲りに狙いを定める。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス