文字サイズ

【競輪】グランプリ出場9選手が決定 郡司が選考順9位で滑り込み

 「競輪祭・G1」(24日、小倉)

 松浦悠士(29)=広島・98期・S1=がG1初優勝。番手に飛び付いて最終2角からまくった清水裕友を追走からゴール前で差し切り、デビューから9年4カ月でG1タイトルをゲット。KEIRINグランプリ2019(12月30日・立川)出場も決めた。2着は清水、3着には諸橋愛が入った。

 KEIRINグランプリ2019(12月30日・立川)の出場9選手が24日、決定した。

 無事故完走で出場が決まっていた松浦が優勝したことで、賞金ランキング8位の郡司が選考順9位で滑り込み、悲願のグランプリ初出場を決めた。

 電話取材に応じた郡司は「落車の影響もあったので、レースは家で見ていた。競輪祭の決勝に乗って勝負したかったけど、落車してかなわなかった。同学年の松浦は優勝を獲るべくして獲った感じ。素直におめでとうと言いたい。自分は2次予選の落車で骨折はなかったけど、右肩、腰の擦過傷がひどかった。いつも通り走れる感覚に戻して、グランプリの一発勝負に懸けたい」と意気込みを語った。

 グランプリに出場する9人は、12月27日から20年12月26日までの間、S級S班としてレースに臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス