文字サイズ

【菊花賞】ヴェロックスまたも惜敗 距離長く…3着

 「菊花賞・G1」(20日、京都)

 またしても勝利には届かなかった。1番人気のヴェロックスは道中4、5番手から最後の直線入り口で早めに抜け出しにかかるも。内から勝ち馬に一瞬で突き放され、さらに追い込んできたサトノルークスにもかわされて3着。皐月賞2着、ダービー3着に続いて、ついに三冠タイトルを一つも手にすることはできなかった。

 「位置取りもリズムも良く、いい内容でしっかり走ってくれました。3000メートルの距離が長かったと思わざるを得ないような、最後の直線での苦しさでした」と川田は冷静に振り返る。中内田師も「馬自身は一生懸命頑張ったし、地力だけで3着に残ってくれた。まだ3歳だし、今後に期待したい」と前を向いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス