文字サイズ

【オールカマー展望】レイデオロが連覇を狙う

 「オールカマー・G2」(22日、中山)

 最右翼はG1・2勝の実績を誇るレイデオロ。前走の宝塚記念は5着に敗れたが、ドバイ遠征帰国初戦、先行決着、馬場の悪い内めを通るなど、厳しい条件が重なったもの。酌量の余地はある。今回は福永と新コンビ結成。昨年に続く連覇を飾り、秋のG1ロードに主役として駒を進める構えだ。

 クイーンエリザベス2世Cで海外G1初制覇を飾ったウインブライト。内枠を利してロスなく運び直線へ。残り2Fで前があくとスパッと抜け出して、後続の猛追をしのいだ。5カ月ぶりの実戦だが、1週前は美浦Wの併せ馬で0秒6先着。万全の態勢で秋初戦を迎えることができそうだ。重賞4勝の中山でダービー馬打倒といく。

 ミッキースワローはG1での連対経験こそないものの、17年セントライト記念でアルアインを撃破。昨年のジャパンCではアーモンドアイの5着に健闘と、G1級のポテンシャルを秘める。前走の七夕賞で、重賞2勝目を手にして再び上昇気流へ。中山芝2200メートルは1、1、2着と得意にしており、好相性の舞台なら引けは取らない。

 スティッフェリオは福島記念、小倉大賞典と重賞を連勝して、春はG1に挑戦。結果は大阪杯、宝塚記念ともに7着だったが、好位からしぶとく踏ん張って、内容自体は悪くなかった。小倉大賞典も休み明けで勝利しており、久々は苦にしないタイプ。軽視は禁物だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス