文字サイズ

【ドバイWCデー諸競走】アーモンドアイ万全 ルメール絶賛「JCと同じ状態」

 ルメールを背に美浦Wで力強い動きを見せたアーモンドアイ(右)=撮影・三好信也
1枚拡大

 「ドバイWCデー諸競走」(30日、メイダン)

 ドバイターフに出走するアーモンドアイが13日、美浦Wで3頭併せを行い、文句なしの動きを見せた。6F80秒0-37秒0-12秒3の好時計を馬なりでマーク。大きく先行したケイブルグラム(6歳障害未勝利)とロジチャリス(7歳オープン)を直線であっさりかわして、2頭に2馬身先着した。

 騎乗したルメールは終始、笑顔だ。「先週よりリラックスしていたし、最後の反応も早かった。ジャパンCと同じくらいの状態にある」と絶賛。国枝師も動きに満足げだ。「あとは検疫に入ってから、細かい調整をしていけばいいでしょう」と、ここまでの調整に狂いはない様子だ。

 世界初挑戦となるが、鞍上は「何も心配していない。彼女はするべき仕事を分かっているし、自信を持って乗れる」とした上で、「ドバイはファーストステップ。ここで結果を出して凱旋門賞へも行きたいし、世界に彼女のポテンシャルの高さを見せたい」と目を輝かせる。世界で大きく羽ばたくための準備は、着々と進んでいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス