文字サイズ

【AJCC】フィエールマン負けられぬ 手塚師「いい感じ」調整抜かりなし

 19年の始動戦を迎える菊花賞馬フィエールマン
1枚拡大

 「AJCC・G2」(20日、中山)

 菊花賞馬フィエールマンが始動する。キャリアはわずか3戦、しかもトライアルを使わず、3カ月以上の休み明けで臨んだ初めてのG1舞台。エタリオウとの激しい競り合いを鼻差で制し、クラシックのタイトルを手に入れた。

 競馬の常識を覆す衝撃的な勝利だった。その後は古馬との対戦を見送り、照準をここへ。一戦一戦を全力で走り切るタイプとあって、これまでも十分に間隔をあけて使われてきた。馬の状態を見極め、抜かりなく調整を進めている。

 年末から時計を出し始め、美浦Wでの1週前追い切りでは、貫録の違いを見せつけるかのように、併走パートナーのアッラサルーテ(6歳1600万下)を圧倒した。「良かったですね。もともと本数はいらないタイプだけど、やっぱりいい感じで動きます」と、手塚師も満足げな表情だ。

 17日に予定している最終追い切りには、ルメールが駆けつけて感触を確かめる。始動戦とはいえ、G1馬として負けられない一戦。アーモンドアイ、ブラストワンピースといった同世代のライバルを驚かせるようなパフォーマンスで、さらに進化を遂げた姿を見せつける。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス