文字サイズ

【競輪】池田憲昭が和歌山記念でG3初V 直線強襲「冷静に見ながら踏めた」

11R和歌山グランプリを制した池田憲昭(右)に花束をプレゼントし握手を交わす本紙評論家の岡田彰布=和歌山競輪場
和歌山グランプリを制した池田憲昭(中央)と記念写真に収まる本紙評論家の岡田彰布(左はわかちゃん)=和歌山競輪場
11R和歌山グランプリを制しファンにタオルをプレゼントする池田憲昭=和歌山競輪場
3枚3枚

 「和歌山グランプリ・G3」(14日、和歌山)

 池田憲昭(36)=香川・90期・S1=が小川真太郎の番手から直線で抜け出して1着。自身初のG3優勝を成し遂げた。2、3着には地元の東口善朋、椎木尾拓哉(ともに和歌山)が入り、3連単は16万7020円の好配当となった。

 うれしい記念初優勝を決めた池田。「自分が獲ったと言うより、小川真君、岩津さんのおかげです」と喜びよりも、ラインへの感謝を口にした。

 レースは三谷を先頭に近畿勢が前受け。赤板前で中四国勢が上昇して前団へ。中団の近畿勢は後方の中川を意識してレースは動かず、小川真が打鐘4角で踏み上げる。最終ホームで三谷が巻き返し、岩津がけん制。押し込まれた岩津と並走になるも「並走でも余裕はあった」と慌てず小川真を追走。「冷静に見ながら踏めた」と直線で抜け出し優勝を決めた。

 次走は地元の高松記念。「いい弾みが付いたけど、目標は特にない。レースを走ると脚の入り方も違うし、アドレナリンも出る。追加を待ってます」と、初日の31日まで日数はあるだけに、追加も視野に入れて地元記念を迎えるつもりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス