文字サイズ

【ジャパンC】アーモンドアイ古馬撃破デモ ルメールも自信「大きな結果出せる」

 3頭併せで豪快に先着を決めたアーモンドアイ(左)=撮影・三好信也
1枚拡大

 「ジャパンC・G1」(25日、東京)

 古馬撃破へ向けて、“満点”の1週前デモを披露した。三冠牝馬アーモンドアイは15日、美浦Wで鋭い伸びを披露。3頭併せで余裕の最先着を果たし、帰厩後の初追い切りを済ませた。また、迎え撃つ古馬の筆頭格サトノダイヤモンドも栗東Wで軽快走。最強の新鞍上・モレイラを背に完全復活を印象づけた。

 三冠牝馬がさらに研ぎ澄まされている。アーモンドアイはルメールを背に美浦Wで3頭併せを行った。レッドローゼス(4歳1600万下)を4馬身、サトノキングダム(5歳1000万下)を9馬身追走する形でスタート。直線で最内を突くと、抜群の手応えのままスムーズに加速。一気の伸びで前者に1馬身、後者に3馬身先着を果たし、1週前追い切りを終えた。

 5F65秒4-36秒7-12秒8に、鞍上は「すごく反応が良かった。乗り味も良かったし、調子はいい」と満足げな表情を浮かべる。以前はキャンター中に手前を頻繁に変えていたが、「上手になったね。今は1回変えただけで、すぐに反応できるようになっている」と成長を強調した。

 同世代を全く寄せ付けない走りで史上5頭目の牝馬三冠を達成。「秋華賞は休み明けだったけど、今度はトップコンディションで行けそう。ベストコンディションなら大きな結果を出せる」と主戦は古馬撃破への自信を口にする。

 「見ての通りだよ。このまま今週末がジャパンCでもいいくらい」。寸分の狂いもなく進む調整に、国枝師もご機嫌だ。最終追い切りにもルメールが駆け付ける予定。“現役最強”を高らかに宣言する準備は、着々と整いつつある。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス