文字サイズ

昨年の2歳王者ダノンプレミアムは年内休養

 昨年の朝日杯FSを制したダノンプレミアム
1枚拡大

 昨年度の最優秀2歳牡馬で、今年の天皇賞・秋参戦を見送ったダノンプレミアム(牡3歳、栗東・中内田)が、年内は休養することが分かった。右前脚の蹄の完治を目指すためで、中内田師は「春の挫石で痛めた蹄の蹄形が整うのを待つため、休ませることにしました。馬体を含め、ほかは異常はありません。復帰は来春の予定です」とコメントした。既に選出済みの香港カップ・香港G1(12月9日・シャティン)は辞退。きょう9日に放牧に出た。

 なお、僚馬でファンタジーSを快勝したダノンファンタジー(牝2歳)は、主戦を務める川田が香港遠征中のため、C・デムーロとの新コンビで阪神JF(12月9日・阪神)に向かうことが決まった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス