文字サイズ

【ボート】守田俊介ダービーV2「40歳を超えた自分が2回も獲れるとは」

 (左から)2着・篠崎元志、プレゼンターの亀田興毅、1着・守田俊介、3着・石野貴之
1枚拡大

 「ボートレースダービー・SG」(28日、蒲郡)

 1号艇で人気を背負った守田俊介(43)=滋賀・74期・A1=がインから逃げ切り快勝。通算91回目、SGでは15年10月のダービー(浜名湖)以来、2回目の優勝となった。優勝賞金3500万円を獲得して賞金ランクも6位に浮上した。2着は篠崎元志、3着は石野貴之が続き、SG初優出の石川真二は5着に終わった。

 1号艇の守田がチャンスをきっちりとモノにした。コースを取りに行くと宣言した3号艇の石川がピット離れで出て行かず進入は枠なり。インからコンマ07のトップSから、2コースの池田を壁に難なく先マイを決めると、節イチ級に仕上がった33号機の威力を存分に発揮して、一気に後続を突き放した。

 ゴールの瞬間、こん身のガッツポーズで駆け抜けた。「(池田)浩二がいてくれてだいぶ助かった感じ。1周2Mを回って勝ったな、と思った」と振り返った。

 SGは15年浜名湖ダービー以来2勝目。「まさか40歳を超えた自分が、2回もSGを獲れるとは思わなかった」とホッとした様子。「普段とは違う緊張もしたけど、初めてSGを獲った時に比べると大したことはない」と、人気の重圧にもつぶされず、笑顔を輝かせた。

 表彰台で再びダービージャケットに袖を通し「翌日はこのジャケットを着て(回転)すし屋に行きます」と笑わせた。

 優勝賞金3500万円を獲得し、賞金獲得ランキングは6位に浮上。3年ぶりとなるSG・グランプリ(12月19~24日・住之江)の出場権を確実にした。「前回は最後に6着を取って消化不良だった。今度は精神的に違う形で行けると思う」と年末の大一番に気を引き締めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス