文字サイズ

【ボート】蒲郡ダービーカウントダウンコラム3

 「ボートレースダービー・SG」(23日開幕、蒲郡)

 初日ドリーム戦は選考期間の勝率上位順に(1)峰竜太(2)白井英治(3)田頭実(4)桐生順平(5)太田和美(6)池田浩二が出場する。

 優勝候補の筆頭は、ドリーム1号艇の峰だ。選考期間に勝率8・41。今期勝率も8・40と常にハイアベレージ。6月に下関周年、9月に多摩川周年でG1優勝。SGこそ準優敗退続きだが好調だ。蒲郡は2015年8月のメモリアルでSG優出。優勝実績はなくても相性は悪くない。初日をきっちり逃げてシリーズを優位に戦う。

 2号艇の白井も強力だ。6月に地元の徳山でグラチャン制覇。3月のクラシック(浜名湖)、5月のオールスター(尼崎)と、今年前半はSGで3連続優出した。8月のメモリアル(まるがめ)のFで失速した感はあるが、蒲郡は得意水面。今年SG2冠を目指して再加速する。

 4号艇の桐生は、3月の蒲郡周年覇者。オール3連対で、最後はイン逃げVを決めた。SG戦線では6月のグラチャンで優出3着。昨年のMVP男が底力を見せる。

 ドリーム組以外では、やはり毒島誠に注目が集まる。昨年11月のチャレンジカップ(下関)からナイターSGを3連続優勝。2節前にも鳴門周年を制して、今年の賞金バトル首位を独走している。抜群の調整力でエンジンを仕上げて、今年SG3冠目を狙う。

 吉川元浩も好調だ。今年は3月にからつMB大賞でG2優勝。6月に福岡周年、7月に尼崎周年とG1制覇。蒲郡水面はSG優出2回の実績があり、好走を見込める。

 女子は今期好調な中谷朋子、女子賞金トップの小野生奈が出場。男子相手に手腕を発揮する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス