文字サイズ

【POG】サトノジェネシス、名手モレイラで初陣Vだ ダイヤモンドの全弟登場

堀厩舎の“真打ち”サトノジェネシス
1枚拡大

 「新馬戦」(20日、東京)

 話題のエリートホースがベールを脱ぐ。G1・2勝馬サトノダイヤモンドの全弟サトノジェネシス(牡、父ディープインパクト、美浦・堀)が、土曜東京5R(芝2000メートル)でデビューする。16年のセレクトセール当歳部門で2億8000万円(税抜き)の高値がついた良血馬だ。

 2週連続でモレイラが騎乗した17日は、美浦Wで4F53秒9-38秒8-12秒5を計時。森助手は「良くなるのは先だと思いますが、古馬と併せた近2週の追い切りで態勢は整いました」とうなずく。

 今年既に5頭がデビューし、全頭が勝ち上がり(うち4頭が新馬勝ち)と2歳戦も絶好調。その堀厩舎が送り出す“真打ち”ともいえる存在に「均整の取れた好馬体。素質のある馬です」と笑顔。名手を背に迎える初陣から目が離せない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス